ブログトップ
辛味噌ラーメン@『じゃんじゃんらぁめん』立川町
昨晩『ほんこん』さんに昼間フラれたので改めて弁天通青年会で夜に突撃!
まだ「支度中」。休み?どうしたのかな?
慣れない会長風吹かすとこれです。立つ瀬がありません。

仕切り直し。のこったのこった。
しゅんこう関、土俵際まで追い込まれましたが、徳俵に足をかけて必死に踏ん張ります。そのまま勢いで熊野神社まで押し返す勢いです。道路の反対側の徳俵まで怒涛のがぶり寄り~。
e0187286_1052321.jpg
おっと徳俵の向こうには『じゃんじゃんらあめん』が。
昼間にいつか来ようと思っていたところです!
よし。みんなで乾杯!
見事な寄り切り勝ちです。

「わがじゃん」から味噌ラーメンが改良を重ねてグレードアップしているという情報を入手。以前一度食した時はじゃんじゃんの博多風豚骨と味噌ラーメンの合わせ技。じゃんじゃん豚骨の勝ちという印象でした。
一味変えて「辛味噌ラーメン」を注文!
どうやら信州から味噌を取りよせて独自のラーメンを開発した模様。
e0187286_10581866.jpg
ん、これは!!
信州味噌!!です。味噌ラーメンではこのような田舎味噌?の強烈な主張は経験がありません。ウブで経験数が少ないゆえ舌に自信はアレすが。個人的にトンコツなどアブラ負けない味噌を探していたところです。太田館林方面とは違う力強い味噌を。
豚骨が相当こってりのはずですが、味噌が負けないどころかこれでもかーと田舎味噌の粗野な勢いが迫ってきます。
野武士味噌ラーメンです。
どこにも無いじゃんじゃんオリジナルで「結構注文が出るんですよ」と
一見頑固そうな侍店員さんの自信に満ちた言葉が印象的でした。

e0187286_1133894.jpg餃子を美味しく頂いていましたが、壁にオススメ「塩ホル」の文字。注文。
ネギ塩ホルモンですね。完全なビールのおつまみメニュー。
ネギ塩ドーン。豚ホルモン、ギューッ。レモン風味で引き締めとどめ。

平日ランチもやっています
しかし、これだけこってり強烈な味は夜用ですね。

e0187286_1172656.jpg「ギャ あーー!」
ボタン屋さんがあらぬことをやっています
堂々と
ラーメンをどんぶりライスの上に!!
弁天チャイルズの教育に良くないので嗜めようとすると
「ラーメンライス」の奥深さについて熱く語り出しました。
ほうほう。千葉では当たり前のことらしいです。
左手にご飯茶碗は日本人の心。
右手に箸。左手には茶碗。
ご飯の上に載せて3秒以内にかき込むそうです。
話しかけたので10秒以上かかってしまったので怒られました。m(__)m

そういえば私も昔から家族で鍋をやるとご飯を3,4杯おかわり君でした。
タレあるなしにかかわらず、一旦ご飯の上に載せるのでご飯に汁が染みて食べてしまうのですね。
あるある。太るけど


『じゃんじゃんらあめん』
住所 群馬県前橋市千代田町3-6-12
TEL 027-233-0052
営業時間:昼(平日)11:30~15:00
      夜18:00~翌3:00
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-27 11:11 | お店 | Comments(1)
Commented by あべ at 2009-10-30 06:37 x
おっと?!

こんなところに(汗)

ラーメンライス、何ともこの汁っけがたまらないんですよ。
しかしながら、
千葉限定というのは・・・・・折角だから検証してみます。
<< お茶会@大蓮寺詠唱会 まちなかランチ >>