ブログトップ
『シネマまえばし』始動
『シネマまえばし』開館しました。

e0187286_21194765.jpg特別受付。
この記念すべき日に映画ファンが多数駆け付けました。


今日は開館記念イベントと記念上映『忠治旅日記』
e0187286_21203739.jpg行列が


e0187286_21211075.jpg開館。
シアター0に続々と


開館イベント

e0187286_21222443.jpg「前橋芸術週間」『シネマまえばし』
代表 小見純一

映画館に賭ける熱き思いとここまでこれた充実感と安堵感


e0187286_21225756.jpg前橋市長まちなか映画館に前橋の文化と賑わいを期待


e0187286_21233191.jpg市議会議長 中島資浩
町おこしの朋友小見氏への激励
市議会の支援を表明


e0187286_21235518.jpg教育長
視聴覚教育、情報化教育の重要性
子供の体験教育を強調


e0187286_21241891.jpg中心商店街協同組合理事長
映画館への期待と商店街の連携を強調
ポイントカード導入。


e0187286_21243916.jpg映画監督 小栗康平
映画館1つ出来て町が賑わいを取り戻すことはあり得ない。
最先端の空洞化した町であることを自覚して
最先端の行政が映画館を手掛けたことに胸を張り。
難しくても思い切った政策をすべき。
町をあげて子供たちにお年寄りに文化の粋である良質な映画を体験させて
今ある街の姿を見せて欲しい。
表現者として厳しい意見と熱い期待を語っていただきました。

商店街の者として、その意気で頑張る所存です。

記念上映『忠治旅日記』
スタッフによる映画の説明をいただき上映
無声映画に当時の音楽をつけて。
フィルムの状態が必ずしも良くなく。やや回転を速くしたため、特に序盤でついて行くのがやっとでした。_(_^_)_
無声映画。昭和初期の映像技術。
見る側の想像力を働かせながら見ないといけません。
真剣な場面でも音声を補うコミカルにも思える映像表現や仕草。
それに対し心の底に訴えかける役者の表情が印象的。
最後の30分くらいは流れも落ち着いて圧倒的な心に響く展開でした。

e0187286_21351559.jpg上映終了
なんだかいつもより余計に頭を使って映像を見た気がします。


e0187286_21354724.jpg沢山の方から花が届いてました。
断っていたみたいですが
お気持ち。ありがたいことです。

その後、軽くドリンクで懇談。

外へ出ると開館を祝うように
馬場川のイルミネーションe0187286_21392280.jpge0187286_2139485.jpg



シネマクラブサポーター会員になりました。e0187286_21362625.jpge0187286_21371184.jpg


映画館の壁画も手掛けた絵本作家
新井良二さんのデザイン

5回分招待なので、見に行かねば。『泥の河』でも行こうかな?
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-12-04 21:43 | 前橋 | Comments(0)
<< 企画会議@すってんぺ 「漆黒坦々激場麺」(すってんぺ) >>