ブログトップ
醤油味+チャーシュウ@いち林飯店(渋川)
『シネマまえばし』のプログラムを配りに旧子持村まで
e0187286_12101941.jpgここまで来たからにはこのお店。
『いち林飯店』
私が一番好きなラーメン屋♪

e0187286_1211968.jpg
渋川市有馬町。ヤマダ電機の向かい側にあります。


間違いなくウマい。しゅんこうのスタンダード。
大学時代仙台にいた時に週2回は行っていた『ハルピン』の味が忘れられず非常に寂しい思いをしていましたが、ここ『いちりん』に出会って。涙が
同じ味だ。いやもっとウマい。どストライク。
節系ただよう支那そばーな味です。

群馬のあっさり系御三家といえば
高崎の『みどり』伊勢崎の『いまるや』そしてここ『いちりん』
ダシのウマさを味わうには塩がオススメです。

しかし私はどうにも醤油味の支那そばが好み
今回ははじめて豪華にチャーシュー増しにしてみました。

到着
醤油味 チャーシュウ増し
e0187286_12153578.jpg
一面にチャーシュー
バランスが崩れないかな
こちらは大盛りはやっていません。こだわりです。
イケメン若旦那さんと可愛い奥さん。お母さんも手伝ってアットホームな雰囲気。
しかし仕事はしっかり。
味にブレがありません。丁寧な仕事。

e0187286_1220291.jpgスープです。
落ち着く味です。個人的に。
支那そばなが香ります。
懐かしさを感じます。
良く味わうと厚みのある節です。
数種類の節を使っているようです。
動物系は・・・良く分かりませんm(__)m
魚介で厚みを出しています。
無化調です。

e0187286_1223279.jpgです。
ストレートな細麺です。
支那そばにはコレです。
やや小麦っぽいやぼったさも懐かしい感じ。
スープに良く合います。
美味しいです。

e0187286_12251764.jpgメンマも見た目いたってノーマル。
流行りの短冊極太でもなく、穂先でもなく。
適度にコリコリ。控えめながらまごうことなき醤油味です。
この素朴な懐かしさ。

e0187286_12272958.jpgチャーシュウです。
増したのは初めてです。
おや(・・?)
2種類使っています。
豚バラ丸めたものと、肩ロースでしょうか。
ピラリ薄めですね。
控えめな味付けですがこれまたいたって真っ当な醤油味
支那そばーな懐かしい味付けです。
やや醤油くさいところに豚バラの油がいい甘さ。
肩ロースは、なんだかローストビーフちっく。
醤油な感じに肉っぽさと脂がよくマッチしています。
この薄さはバランスを崩さぬためのギリギリな線なのでしょう。

e0187286_12304753.jpg余ったスープを飲みほします。
やや麺の小麦かかった、ネギの青臭さも感じられるスープは
若い店主の真面目さが感じられます。

麺もスープもトッピングも一切奇を衒ったところがありません。
しかし良く味わうと相当奥深い。ひと工夫もふた工夫もされています。
懐かしさを残しながら一つ一つに一切手を抜かないところ。
ラーメンのビジュアルに表れています。

e0187286_12314458.jpg味わいながら全部飲みほしました。
ウマいヽ(^o^)b
毎日でもイケちゃいます。


ごちそうさま



『いち林飯店』
〒377-0005
住所:渋川市有馬229-1
電話番号:0279-24-2411
営業時間:11:30~15:00  18:00~20:30
定休日:水曜日
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-12-23 12:35 | お店 | Comments(0)
<< 駄菓子や『わがじゃん』 新商品 『ふらんす市場』のクリスマスケーキ >>