ブログトップ
区画整理事業区域の写真を撮っていると、何とも言えない心持ち
ここ2日間アンケートのお願いに回っています。
弁天通青年会長名で
内容は書くとおしゃべりなしゅんこう。
止まらないと思うのでやめておきます。

区域内にはいろいろな人がいます
賛成派反対派が
意外にそういう感じではありませんね。

良く分かっている方と分かっていない方がいらっしゃる。

私は賛成派でも反対派でもないつもりですが
反対派と見られても構いません。

ただ
区域内の方々には区画整理のからくりは理解してもらいたいです。
誰が何をやっていてどのような権限があるのか。

区画整理課の方曰く
集合住宅は「ご自分で建てていただく」わけですから。

担当でない方に何を言っても聞いただけで何もしてくれないことは理解しておいて下さい。


ふと写真を撮っておきたくなって
ここ4年くらいの説明で示された区域
ここ1年で急速に進んで昨年示された街区の写真を撮ろうと思いました。

具体的に言えば
平成22年1月吉日付「千代田町三丁目土地区画整理事業の開始について」
より

「区画道路整備」をする
e0187286_1953168.jpg
e0187286_19474218.jpg
e0187286_1948796.jpg
e0187286_1949150.jpg
e0187286_1949186.jpg




「広瀬川河畔緑地の拡幅により公共公益施設の整備・改善を図」
e0187286_19512979.jpg
e0187286_19513878.jpg




「一部共同化を検討」
e0187286_19533575.jpg
のため無くなってしまう裏弁天の路地

「土地区画整理事業の開始」
具体的には測量をはじめますよというお知らせなのですが、
「平成21年12月1日をもちまして都市計画決定され、事業を進めていくことになりました」
と書かれ
そして

    記
として

「地区名 千代田町三丁目土地区画整理事業」
  行政言葉は分かりませんね。
  二つ合わせて都市計画決定した内容なのは見れば分かるのですが。

「施行期間 概ね平成23年度~平成27年度」
  担当課の説明によると
  『上毛新聞』の「事業期間は5年間を予定」を根拠付ける資料は一切ないという言質は取ってあります。


この資料がいきなり送られてきてどう思うでしょう。
既にすべて「都市計画決定」で決められてしまったと思ってしまうと思うのですが。
担当者は
そのつもりはないと説明します。


1月21日付『上毛新聞』によると
「区画道路整備」
広瀬川南側の道路の幅を現在の4㍍弱から6~8㍍に拡張する

「広瀬川河畔緑地の拡幅により公共公益施設の整備・改善を図」

遊歩道の一部を広げてミニ公園を整備する
概ね間違いないと思います。

「一部共同化を検討」
整理後の区画には、地権者らに5、6階程度の建設するよう協力を求める
これはなんとも・・・

ここ何日か胃が痛いです。

区画整理課の方も1件1件回って8割方賛成と言っていたのでこのくらいは…


そんな話はどこの家でも聞きませんでしたけど。
1件1件は聞き間違えかな
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-02-08 20:17 | 弁天通青年会 | Comments(0)
<< 中央通り歌声喫茶に 弁天通青年会 太鼓の音もしばらくお休み 弁天... >>