ブログトップ
『土屋守氏 シングルモルトウイスキーを大いに語る!』@前橋テルサ
e0187286_859375.jpg近所のバーテンとテルサに行ってきました。
近いのになかなか行く機会がないなあ


e0187286_912124.jpgスコッチ文化研究所群馬支部主催。
『土屋守氏 シングルモルトウイスキーを大いに語る!』


e0187286_915979.jpg 「世界のウイスキー・ライター5人」に選ばれた正にウイスキー評論の第一人者。


ウイスキーは穀物を原料としていて
スコッチウイスキーはスコットランドで作られていて
モルトウイスキーは原料でモルト、大麦麦芽を使っていて
シングルモルトは 1つの蒸留所でつくられています

以前 BAR PEEK A BOO に行った時に誘われて、勢いで来たものの
回りを見るといかにもセレブな方たち
やはり予想通り。土屋さんの話についていけない私。

e0187286_95848.jpg産地別に6つのモルトを飲み比べ
とりあえずみんな飲んだことがある銘柄ですが、改めて飲み比べるとへぇーと
比較的軽めのものから個性的なものへと飲んで行きます。
まずは、香りをいろいろな角度で味わって
次にストレートで
さらに水を少量加えて30度くらいでテイスティング


味の違いは材料や発行の仕方、蒸留の仕方、熟成の仕方によって変わります。
蒸留器である銅製のポットスチルのは手作りでその形は蒸留所ごとにすべて違います。
そのため数100m離れた蒸留所でも味は全く異なります。


世界5大ウイスキーの一つに挙がる日本のウイスキー
最近の品評会で数々の賞を受賞しています。
尤もアジアでは日本だけしか蒸留所はありません。
それだけ手間がかかることと、
どんなに頑張っても製品になるのは10年20年後。
つまりウイスキー、とりわけシングルモルトは文化と伝統の粋なのです。


e0187286_9101019.jpg今、本場でしきりに研究されているのは樽の研究
樽の材質はオークですが。
ホワイトオークにこだわるのがグレーンモーレッジ
ヨーロピアンオークにこだわるマッカラン
ハイランドパークはプレミアム
土屋氏がサントリーに依頼されて樽ごと買い占めたシングルカスク

e0187286_9104881.jpg6つも飲むと味が分からなくなるところ
それでもそれぞれ個性的なシングルモルト。
マッカランは重厚だし、ラフロイグはスモーキー
そのなかでもプレミアムのハイランドパークはモルティでスパイシーでマイルドですべてが整っています。


ウイスキーは文化
シングルモルトは芸術。個性的で美味しい
と少しセレブな気持ちに
とはいえ料理に合うのは、ビールや焼酎や日本酒。ワイン。だと思う。
となりきれない私です。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-06-16 09:14 | 前橋まちなか | Comments(0)
<< モルトの会のあと。いろいろ買っ... 研修お疲れ。で、 ヤギカフェの... >>