ブログトップ
世田谷喜多見 江戸氏ゆかりのお寺で盆供養をいたしました。
東京のお盆の手伝いで親戚のお寺に来ています。
e0187286_8505490.jpg
世田谷喜多見の慶元寺です。

文治二年(1186)、江戸太郎重長が今の皇居紅葉山あたりに開基した江戸氏の氏寺で
室町時代中ごろ今の場所に移りました。

徳川氏以前の江戸についてはwiki等でで調べてね

大変由緒あるお寺です。

e0187286_8524256.jpgいつもは幼稚園の子供たちと御霊まつりを行い
盆踊りで賑わうのですが
現在は会館建設工事中
櫓が組めないこともあり、日を改めて13日は雨だったので16日に行うそうです。
可愛い子供たちの浴衣姿は微笑ましいのですが残念。


e0187286_8565782.jpg慶元寺では墓セガキという風習がありまして
墓地にたくさんのお檀家さんがお参りに来て灯篭に火をともしお香の煙の中で、陀羅尼を唱えながら回っていき、新盆のお墓の前でご回向をします。


e0187286_8574570.jpg新盆だけでなく沢山の方々が家族でお参りにいらっしゃり、
いつもみなさんで手を合わせてお迎えしていただきます。
非常に檀信徒教化の行きとどいた立派なお寺です。


e0187286_8584152.jpg境内には総代世話人さんが竹灯篭に火を灯し幻想的な風情でした

写真撮ろうと思えども間に合わず。


e0187286_8593682.jpg東京の夜空は異様に明るかったなあ
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-15 09:02 | 大蓮寺 | Comments(0)
<< 墓セガキ。送り盆供養。 「ちよさんだより」は大蓮寺や熊... >>