ブログトップ
「七夕まつり飾りコンクール」受賞者に取材『ちよさんだより』に載りきらなかったので
「ちよさんだより」制作にあたりコンテスト受賞者に取材致しました。
しかしながら紙面の都合上、会頭賞の「カネコガーデンショップ」を載せることしかできませんでした。
改めてここにご紹介いたします。

[個人競技]
会頭賞 『㈱カネコガーデンショップ』
e0187286_13124032.jpg

■会長賞受賞おめでとうございます。

※昨年は賞が取れなかったので、今年は受賞出来てうれしいです。
毎年子供が喜んでもらえるものをということで、キャラクターものを作っています。今年も5ヶ月前から準備をしました。アイデアを出して、主に男性社員3人でいろいろと意見を出し合いながら練り上げていきます。針金で大枠を作って地道にこつこつ組み上げていきます。
大変な作業なので実は一度どうにもならず今年は止めようかということもありました。しかし社長から「町の伝統だからなんとか続けて欲しい」とのことで頑張って続けてきた経緯があります。続けて来て良かったなと思いますし、続けることが大事だなと思います。

■来年は知事賞を。3丁目から出せるといいですね。

※そうなんですが、難しいんですよ。ウチのような伝統的な吊り下げ型はなかなか賞が取れないのです。
(確かに最近は吹き流しより、地面に設置するものの方が多いしインパクトがあります。
今年の知事賞の『トザキ』さん『やすらぎ園』さんもこの形)

■今年の飾りも、風神雷神のぐんまちゃんだけでなく、伝統のくす玉行燈吹き流しも立派ですよね。

※ええ、まちの伝統的な七夕飾りですのでこの形は継続していこうと思っています。これからも子供に喜んでもらえる飾りを作ってお祭りに来た人子供たちや家族、お年寄りに楽しんでもらいたいです。その上で知事賞を取れれば嬉しいですね。

■私は仙台にいたことがあるのですが、立派な七夕飾りを保存しているところが沢山あります。前橋は基本的に使い切りですものね。

※七夕飾りは希望があれば差し上げているんです。保育園や幼稚園の方ですけれども。それでも以前作った大きなものが倉庫に眠ってます(笑)
まちのお店には何か月も前から準備をしてクス玉作りから始めるお店がたくさんありますのでこれからも頑張って行きたいと思います。


e0187286_13161780.jpg市議会議長賞 『Ya-man's』

七夕まつりのお客さんにかき氷を作りながら
■ひとことお願いします。

※『Ya-man's』では様々なイベントを開催し協力しています。今年もキャンドルナイトなど通じて沢山の仲間たちに恵まれたおかげだと思っています。
特にこの七夕飾りは制作を手伝ってくれたgullちゃんや六ちゃんに感謝です。



e0187286_13182792.jpgNHK前橋放送局長賞
『㈲セキネ洋傘店』


七夕まつりで賑わう弁天通りを眺めながら
■ 受賞おめでとうございます。ひとことお願います。

※地味になっちゃたねえ。どうしてもね。子供たち(お孫さん)の面倒を見なくちゃいけないから、手間かけられなくて。そんな中頑張って作りました。


e0187286_1761352.jpg朝日新聞社賞
『橋本洋品店』


七夕まつりの賑わいの中
■ 新聞作ることになったので、ひとことお願いします。

※んー。
子供から大人まで喜んでもらえるような作品をということで考えて作りました。殿堂じかけでまるちゃんが動きます。


e0187286_17125624.jpg 産経新聞社賞 
『㈲マメゼン商店』


■ 新聞編集委員です。ひとことお願いします。
※地道に。地道に。いつも通り。コツコツ、コツコツ作りました。
いつものマメゼンの伝統のお祭りデザインとそれといつも弁天ワッセでお世話になっている福島さんの凧を頂いてあったのでコラボレーションさせて、伝統的な行燈のデザインが出来上がりました。


e0187286_17172493.jpg東京新聞賞 
『グランヴィル前橋


グランヴィルのロビーで職員さんにお話を伺いました。
■ 3丁目の新聞を作ることになったのでひとことお願いします。

※昨年は賞を取れなかったので今年は受賞出来て光栄です。
〝エコ〟がテーマということで職員が協力してデザインしてペットボトルを使って笹を作りました。お年寄りのみなさんにも協力してもらってみんなで力を合わせて制作しました。来年も受賞出来れば嬉しいです。


e0187286_1721231.jpg e0187286_1823281.jpg優秀賞 『大川屋本店』    
    『まるかつ』
    『弁天手芸店』
e0187286_17213898.jpg■ ばべちゃん。ひとことお願い
※このアクリルのたわしがですね・・・
■ありがとうございました。


[一般・団体競技]

e0187286_17252012.jpgエフエム群馬賞
 千代田町3丁目青年会


青年会長に電話取材

■ 会長様でしょうか。新聞編集委員のものですがひとことお願いします。

※みなさんのおかげです。みなさんのおかげです。
■ デザインは会長さんのものとお聞きしましたが
※みなさんのおかげです。みなさんの・・・・・・
■  えっと、みなさんといいますと
※協力していただいた3丁目の若者たち子供たちみんなのおかげです。これからもよろしくお願いします。


みなさんお疲れ様でした。受賞おめでとうございます。取材ご協力ありがとうございました。

今年で60回を迎えた『まえばし七夕まつり』

まちなかにはお祭りの数ヶ月前から七夕飾りを作り始める方々が沢山いて
まちの伝統であり風情であります。
クス玉作り行灯のデザイン吹き流し。

長い間で変って来たものもあります。
私が子供の頃は吹き流しをかき分けて通りを進んだ覚えがあります。
当然ながら地面に吹き流しが短冊が切れて落ちます。
60回続く七夕まつり。残していかなければならないもの、そうでないものがあると思います。

記憶に残る昔と比べると[団体競技]学校やデイサービスの方々の思い思いの七夕アートが目につきます。
単なる飾りのアートコンテストでいいのかな。七夕まつりの意味は。
その一方でコンテストをするなら誰でも参加できるようにしてすそ野を広げて前橋全体のお祭りとするべきでもあります。

「伝統は守ろうと思った時には既に失われている」ものとはいえ
だからこそ伝統を歴史を伝える役目を果たすことに誇りをもつことも必要。
まちなかを生きる私たちは、まちの伝統を楽しむことを大事にして
広げるつなげる喜びを見出していきたいと思います。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-17 17:42 | 弁天通り | Comments(1)
Commented at 2010-07-17 17:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 「まちなかまるごと博物館」構想... ぶらり浅草のたび >>