ブログトップ
まちなか発掘隊 立川町の発掘前のご挨拶は「梅おろしそば」から
「なちなか博物館」構想で立川町のお店へ。発掘隊のお仕事。
といってもお店のお宝発掘前に、理事長さんにご挨拶して商店街のお店のことを紹介していただき、各お店に調査前の趣旨説明と時間調整をお願いして回ったのでした。


ということで、大川屋さんでお話を聞いて
お昼は「絹おろしそば」 梅おろし
e0187286_20345566.jpg
やはり創業129年の歴史。店主のお話を聞いた後は女工哀史の絹おろしです。
e0187286_2038424.jpg私、梅は好きなのですが。梅干し丸ごとは苦手というわがままな人間。
おろしと梅を混ぜ合わせてかっ込みました。
今日の大根は辛め。梅干しの酸っぱさ風味と合わせて。
じっとり蒸し暑さの中にスッキリ、ピリッと活力を与えてくれます。


e0187286_2039207.jpgそしてばべ隊長はもちろん。
創業129年の歴史を感じさせる
天定です。
伝統のそばやの鯛の煮付け。


e0187286_20403215.jpgあ、壁にこんなものが

電気館の開館広告 大正2年の映画館


立川町のお店を回ってみましたが、大川理事長から前もってお話があったらしく
説明をすると理解を示していただきました。
なかなかお宝というと敷居が高くなってしまいますが、
話しているとお店のことやお店関係なしにもいろいろ出て来るものです。
とりあえず立川町も目途がついたなあ、とひと安心。


e0187286_20413828.jpg帰りにオリオン通りの角にある
「不思議なお店」でかき氷を


「手作りシロップの梅味」を頂きました。
e0187286_20421415.jpge0187286_20422522.jpg
梅酒みたいな感じ。夏の梅ーす。美味しかったです。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-08-03 20:45 | 前橋まちなか | Comments(0)
<< 『しろがね』の焼きそば  わあ... 弁天ワッセでした。  そして8... >>