ブログトップ
前橋大空襲犠牲者追悼 平和祈願祭  熊野神社
8月5日は前橋大空襲の日
e0187286_23204645.jpg熊野神社では
前橋大空襲犠牲者追悼
平和祈願祭でした


e0187286_23223546.jpg死者557
全焼 11098 (旧市街約2万戸中)
※空襲直後


e0187286_23244227.jpg

21:45 空襲警報発令


e0187286_23253445.jpg22:08 B29侵入開始

22:30 照明弾 4か所に投下
      岩神上空で最初の焼夷弾投下
      次々に焼夷弾・爆弾がまかれる。




e0187286_2326544.jpg太田方面から
爆弾投下
左旋回
栃木方面へ


戦災図
e0187286_23265495.jpge0187286_23273100.jpg



e0187286_23274163.jpg当時のけたたましい戦災警報と
貴重な爆撃機の音


e0187286_23281679.jpg4時から
戦災体験者のお話

当時12歳の小学生。しゅんこうの大先輩。
空襲前から何度もB29が2機偵察にやってきて、警報が鳴って一斉下校になるのですが、何もないので・・・
当時の貧しいけど「欲しがりません勝つまでは」とか

今思えばごっこに過ぎないような話
アメリカ軍が襲って来た時にそなえて、一般人が物陰に隠れて竹遣りで相手を倒す訓練とか
戦災にそなえて、火を消す訓練、火が燃え移らないように建物を壊す訓練。
つまり普通の消火活動ですね。


照明弾で昼のように明るくなって
次々に爆弾が

空襲の時は3,4km離れたところに疎開していて、警報を知らず爆撃機が低空飛行で頭上を通っていた

朝が来て家に戻ると
亡くなった方が山になっていて蓆がかけてあった

立川町から
前橋駅が見えて汽車が走っていて、新しい線路が引かれたのかと思った
前橋公園や小学校が見えるくらい、全部丸焼けになってしまった。



e0187286_233213.jpg戦争の資料を集めている原田さんのお話。
戦争は決して繰り返してはいけない




5時 灯籠に火を灯します。
e0187286_23324758.jpge0187286_23325377.jpg

e0187286_23334083.jpg


e0187286_2334513.jpg子供たちには「駄菓子屋わがじゃん」100円券がプレゼント
駄菓子を買うこども


e0187286_23345699.jpgお参りした方には花鉢が配られました。



社の右横にある「笠欠け 三猿塔」
e0187286_23362212.jpge0187286_2336162.jpg

「見ざる 言わざる 聞かざる」で有名な三猿の塔ですが
空襲の時に上部が欠損
熊野神社に逃げ込んだ人々を自らの身を持って守ったとして
護身・開運のご利益があるとされます。
e0187286_23373058.jpg

e0187286_2338830.jpg
e0187286_23382776.jpg

[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-08-05 23:39 | Comments(1)
Commented by ヒゲクマ at 2010-08-06 07:00 x
私は前橋大空襲のときは0歳、何の記憶も残っていません。私の空襲体験は、父母をはじめ、いろいろな皆さんからお聞きしてきたたくさんのお話です。私は聞き続けなければいけないだけの存在だと思っています。今年も、お参りをさせていただきました。ありがたく思いおります。
<< まちなか発掘隊 『金時金物店』... 『しろがね』の焼きそば  わあ... >>