ブログトップ
発掘隊のランチ。 『セマクテ』で レック麺を食べました。
発掘隊の昼食
竪町を回って、お昼どうしようかと歩きながら。
暑い暑い日。17号をまちなか方面のこちらに渡ってきて、そういえば馬場川の『セマクテ』さんでも博物館に協力してくれるとバベ隊長。
もちろん新しいお店ですから古いものなどないはずなのですが、タイの面白いものがあるそうで
まちなかにこういうお店もある、というのはなかなか面白いのではないかと
取材の日程を押さえるついでにランチに伺いました。

e0187286_15385186.jpgなにぶん狭いお店ながら人気があるので、座れるか心配でしたが、先客は一人だけのようでお邪魔いたしました。

「こんにちはー」6(・0・)9
「はい、こんにちは」
久しぶりですが温かく迎えていただきました。

「暑いですねー(;´▽`A`` お店の方はどうですか。」
「それなりにお出かけ頂いてます。でもさすがに暑すぎると外に出ないですよね。」
「メニューの方はどうですか?暑いときは」
「さっぱりとレック麺と方もいらっしゃれば、暑いときにトムヤムクンって人もいらっしゃいます。
タイは冷たい食べ物ってないんですよね。かき氷みたいなデザートはありますけど。」


「そういえばまだレック麺を食べてないのですが」
「美味しいですよあっさりしていて。自分で調味料を入れて味付けしていただきます。」ということでレック麺
トムヤム麺も美味しいしグリーンカレーに納豆入れて食べたいところですが。
一度食べてみたいところなのです。
e0187286_2148795.jpg
おやおやイメージしたのとちと違う。
調合するというので油そば的なものを想像しておりましたが
タイ風塩ラーメンみたいな趣きです。
スープは非常にあっさり鶏ベース。そのままでも十分に行ける。旨みが出ています。

e0187286_2149545.jpgテーブルには説明書きが
ご主人のお勧め配合が書いてあります。


e0187286_21493987.jpgこちらが4つの調味料


ナンプラー 酢 唐辛子 砂糖
e0187286_21501099.jpge0187286_21501872.jpge0187286_21502538.jpge0187286_21503010.jpg


スープを飲んでます。
あらゆる料理のベースとなる鶏スープです。
調味料を入れるというので味が薄いのかと思いきや、十分に旨みが出ています。
そのまま塩ラーメンのスープとして十分にイケちゃいますね

e0187286_222490.jpg
調味料を入れてみます。

「砂糖も入れてみてくださいね。味が落ち着きます」

酢を入れて 酸っぱくなります。

e0187286_2225437.jpg唐辛子を入れて 辛くなります。

砂糖を入れます 味がどっしりしますね。

ナンプラーを入れます コクというか、醤油ラーメンになります。


e0187286_2251060.jpgトッピングの香味野菜とモヤシなどたっぷり。
これに煮豚が。 ムートゥンかな?。良く甘く煮込んであります。
麺はトムヤム麺と同じく米の淡白なストレート麺

e0187286_225314.jpgあっさりながらもベースがしっかりしているので最後までイッチャイマシタ。


そうそう『セマクテ』さんは
「まちなか楽食」協力店
16 タイ麺セマクテ

タイ人のご主人が作る本場の味は、日本人の味覚と臭覚を刺激します。全メニューテイクアウト可能。
◆学ぶ方、お子様連れにデザート半額!(お食事ご注文の方)

なのでいただきました。『セマクテ』のデザート
e0187286_2273844.jpgココタピコーン
「どんなデザートですか?」
「ココナッツとタピオカとコーンです。」ああ擬態語ね。てか造語ね。
「そのまんまですけど。それを冷たくゼリー仕立てに。かき氷のようなデザートはタイにあるんですよ。」
いただきまし(^人^)
ああ、ココナッツ好き♪。タピオカは定番。
コーンも甘味があるのでよく食べるのだそうで
ゼリーにあずきを入れているのが日本らしくていいなあ。
美味しく頂きました。


短い間にすっかり人気店
ご主人と奥さんも明るくて狭いながらもアットホームな楽しいお店です。




タイ麺 セマクテ
住 所 /前橋市千代田町4-2-11 
電 話 / 027-232-0893
FAX  / 027-234-8155
営業時間 【昼】11:00~15:00
    【夜】17:00~21:00 
    【日・月】11:00~17:00
定休日 / 火曜日・毎月最終水曜日


セマクテ @ 「しゅんこう散歩」Googleマップ
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-09-02 22:12 | Comments(0)
<< 弁天ワッセです。 どうぞ弁天通りへ。 まちなか発掘隊が行く!『小松屋... >>