ブログトップ
「前橋中心街を出会いの場に」  ≪前コン≫というイベントの可能性
e0187286_1237117.jpg上毛新聞の2面に
「前橋中心街を出会いの場に」という記事が載っています。




e0187286_12385757.jpg「前コン」 

中心街各所で見られるこのポスターですね。

中心街といっても中心商店街ではなく

参加するのは「モモヤ」さんくらいです



事務局のバー経営の齋藤さんといえば

M・wave「お熱いのがお好き」パーソナリティ
ロドリゲス齋藤 といえばお馴染み
 でもないですか?


『バー宇野』 
 『ラカンティーナ』  の 齋藤陽一さん


昨年末あたり、DC向けに企画をいくつか考えていて
そのためにも飲食店業界の連絡協議会を作らなければいけない。とおっしゃっていました。
話を聞いて商工会や行政などに売り込んで協力を頼むのかな?と思ったのですが
「それはしない」と
自らの人脈で協力をお願いして回ったようです。



宇都宮の「宮コン」の例があるとはいえ

いきなり1000人の参加者
40軒近くの参加店
これだけのお店を集めるだけで大変だなことと思っていましたが
順調に参加者も集まってきているようです。

お店ごとに意識の違いはあるだろうし
参加者のお客さんは「町の活性化のため」と考えて来るわけでもないだろうし
繁華街以外の住民は、若い人が騒いでいると顔をしかめる人もいるだろうし
利益を出すまでには相当投資しなければいけないだろうし
課題はいろいろと
傍から見ていれば人を集めるだけで大変だと思います


私の立場からは積極的に協力・参加するイベントではありませんが

決して人がいないわけではないまちなかにおいて
自律したまちづくりが必要。
活性化とは それぞれのお店のやる気 に尽きると考えております。

特にこれからは組合やら商店街やら立場を越えて
地域のため、まちのために協力できるかが鍵 だと思っております。
行政、商工会、商店街、飲食店、マスコミ関係など
コミュニティーFMが開局した今、さまざまな立場の人がみんなが手を取って
わがまち前橋を盛り上げることが出来るか?
試されている気がします。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2011-05-10 14:26 | 前橋まちなか | Comments(0)
<< Bar Colorful はフ... 上毛新聞社に東日本大震災義援金... >>