ブログトップ
美術館プレイベント vol.16シンポジウム 「美術館をかたる。」

美術館プレイベント vol.16シンポジウム 「美術館をかたる。」

前橋市に平成24年度 美術館 が出来ます。
前橋市における美術館構想

e0187286_1193475.jpg

美術館の目的は
「アートでつながる市民の想像力」
3つの理念
つながる美術館
成長する美術館
文化を創る美術館


美術館構想


そして明日14日 
前橋市民文化会館 小ホール におきまして

美術館プレイベント vol.16シンポジウム
「美術館をかたる。」  が行われます。

海外の最新動向や国内の美術館事情など 
先進的な事例を紹介するシンポジウム
e0187286_1112446.jpg

基調講演
ラース・ニッティヴ
テイトモダン(ロンドン)の開館時の館長をつとめ、香港に新しくできる美術館の準備に着手
岡部あおみ
大原美術館や資生堂ギャラリーなどのアドバイザー 様々な展覧会を手がける



2012年1月14日(土)入場無料
午後12:30開場

セッション1「美術館の新しい役割」
午後1:00~3:00 

基調講演 ラース・ニッティヴ
(「M+」西九龍文化地区エグゼクティヴディレクター[香港])

1953年スウェーデン生まれ。ルイジアナ美術館(デンマーク)や2000年に発電所跡を改装してオープンした美術館テイト・モダン(ロンドン)の館長、ストックホルム近代美術館(スウェーデン)の館長を歴任している。2011年より香港で視覚芸術全般に焦点をあてる新しい美術館「M+」の準備をすすめている。

パネリスト:ピーター・バラカン(ブロードキャスター)
      逢坂恵理子(横浜美術館館長)


セッション2「広がる美術館の利用方法」
午後3:30~5:30 

基調講演 岡部あおみ(美術評論家)
ジョルジュ・ポンピドゥー・センター(フランス)の「1910-1970 前衛芸術の日本」展(1986年)共同コミッショナーのほか、数々の展覧会の企画や東京国立近代美術館評議員、横浜美術館の横浜市美術資料収集審査委員、資生堂ギャラリーのアドバイザーなどをつとめる。武蔵野美術大学では近現代美術史とミュゼオロジーの教鞭をとる。「前橋市における美術館基本計画」委員。
パネリスト: 金丸弘美/font>(食環境ジャーナリスト)
        鈴木芳雄(美術ジャーナリスト、元雑誌「BRUTUS」副編集長)<

司会進行:永井多恵子(財団法人せたがや文化財団副理事長)
演劇ジャーナリスト、せたがや文化財団副理事長、(社団法人ユネスコ国際演劇協会会長。)
NHK解説委員として文化・教育を主題とした番組を制作。‘90年にはNHK史上初の女性局長として話題になる。‘97年、世田谷の総合文化施設(世田谷パブリックシアター)の立ち上げに館長として関わり、地域文化振興、伝統と現代の舞台芸術の融合をすすめる。2005年NHK副会長。2009年、せたがや文化財団に再び戻って、運営を続けている。制作番組「芸術の園をどう耕すのか」他多数。読売演劇大賞・文化庁芸術選奨選考委員。



会場:前橋市民文化会館 小ホール(前橋市南町3-62-1)
参加方法:当日先着順(約600名)
問い合わせ先:前橋市文化国際課美術館開設準備室 027-898-5825







「絵や美術館には関心がない」という人にも、自分なりの美術館の利用方法に気付いてもらえるのではないか

ということです。

しゅんこうも仕事が終われば 美術館やアートの活かし方考えに行きたいと思います。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2012-01-13 11:19 | 前橋 | Comments(0)
<< 桐生に行って まち歩き  棟方... 『ポンチ』でカキフライ(^-^) >>