ブログトップ
前橋文学館 萩原朔太郎、愛憐詩篇の時代  ── 彷徨、浪漫、哀傷
開館20周年記念・前橋文学館特別企画展
詩壇登場100年
萩原朔太郎、愛憐詩篇の時代
    ── 彷徨、浪漫、哀傷
e0187286_10351347.jpg


萩原朔太郎が詩壇に登場して100年となる本年、初期詩篇を中心に若き日の朔太郎とその作品を様々な資料とともに紹介します。
期 間: 10月26日(土)~12月8日(日)
会 場: 1 階企画展示室・3 階オープンギャラリー
時 間:午前9時30分~午後5時(金曜日は午後8時まで)
休館日:水曜日
観覧料: [企画展のみ]  300円 
     [常設展とセット] 350円 
      高校生以下 無料

※10月26日(土)【特別企画展初日】、 10月28日(月)【群馬県民の日】、11月16日(土)【アートステージ当日】は観覧無料です。

[PR]
by shunkou_hasuike | 2013-10-26 12:33 | 前橋まちなか | Comments(0)
<< 「まえばしモリAGE団!」10... 26日(土) 中央通り文化祭 ... >>