ブログトップ
錦絵が語る 忠臣蔵と矢頭右衛門七 前橋文学館
12月12日(木)~
錦絵が語る
忠臣蔵と矢頭右衛門七
 前橋文学館
e0187286_17532110.jpg
期 間:12月12日(木)~12月24日(火)
会 場:3 階オープンギャラリー
時 間:午前9時30分~午後5時(金曜日は午後8時まで)
休館日:水曜日
観覧料:無料

大蓮寺の墓地には赤穂浪士 四十七士 矢頭右衛門七の母の墓があります。
右衛門七が亡くなったのち、親戚を頼って移り住み、さらに娘の嫁ぎ先で暮らしたと伝えられますが
大蓮寺は前橋大空襲で全焼しており資料一切が残っておりません。
この度、住吉町二丁目自治会のご協力、あたご歴史資料館のみなさんの調査によりこのような企画展を行うことになりました。
歴史を辿ることは、源流をたどり学び新たな一歩を踏み出す機縁です。
是非ご覧に頂ければと思います。


主催:住吉町二丁目自治会/千代田町三丁目自治会/前橋文学館
後援:大蓮寺/弁天通り商店街/敷島地区自治会連合会/前橋市教育委員会
[PR]
by shunkou_hasuike | 2013-12-11 07:52 | 前橋 | Comments(0)
<< 『ヤギカフェ』 やみつき!キャ... 月刊しゅんこう日記 11月号 ... >>