ブログトップ
大蓮寺 大地蔵
大蓮寺 大地蔵
e0187286_15380467.jpg
山門を入って少し入った左側にございます。

私が生まれたときは山門をくぐると正面に
私たちを迎えるように安置されていました。



文政9年(1826)6月 建立
e0187286_15383266.jpg

当時は大蓮寺の参道入り口に高灯篭と対になって祀られていました。

弁天通りはもともと大蓮寺の参道でしたので
今の弁天通りと立川町通りの交差点付近
『中田屋』と『すいーとぽてと』があるところに建てられていたことになります。


弁天通りは明治15年に県道黒保根線が開通することによって
大蓮寺の境内を東西に分かつ形で道が出来
明治43年、1府14県連合共進会のときに拡張されて今のような広い通りになりました。


祐天上人 の 六字名号 が刻まれています。
e0187286_15385536.jpg
お地蔵さまは迷える衆生を大いなる慈悲で救ってくださる菩薩で
日本ではまちの境界や辻々にまつられることが多いです。
e0187286_15392523.jpg
右手に持つ錫杖は邪を払い、知恵を得るもの
左手にもつ如意宝珠、人々の願いや祈りをこたえる霊験あらたかな功徳があると伝えられます。


[PR]
by shunkou_hasuike | 2015-09-24 07:37 | 大蓮寺 | Comments(0)
<< 『ななしや』 カオソーイ 前橋オクトーバーフェスト201... >>