ブログトップ
12月1日(火)「金語楼の子宝騒動」 12月のかようシネマは「昭和シネマ」 
12月のかようシネマは「昭和シネマ」

『前橋昭和博覧会』とコラボして

昭和の日本映画を上映
e0187286_16552699.jpg

12月1日(火)11:00~ 19:00~
「金語楼の子宝騒動」
泉山金太郎とおみよとは六男七女の子宝に恵まれている。
「産めよ増やせよ」の戦時中には表彰状まで貰ったが、
戦後の生活は四苦八苦。
13人の子供がテンヤワンヤのうちに母は病に。
母の枕元で熱唱する12歳の美空ひばりは映画出演4作目。
監督:斎藤寅次郎
出演:美空ひばり
60分 1957年



シネマまえばし で 名作を無料上映



12月のかようシネマは
「昭和シネマ」
e0187286_16515722.png



毎週火曜は シネマまえばし 「かようシネマ」


e0187286_12121619.jpg

12月1日(火)11:00~ 19:00~
「金語楼の子宝騒動」
泉山金太郎とおみよとは六男七女の子宝に恵まれている。「産めよ増やせよ」の戦時中には表彰状まで貰ったが、戦後の生活は四苦八苦。13人の子供がテンヤワンヤのうちに母は病に。母の枕元で熱唱する12歳の美空ひばりは映画出演4作目。
監督:斎藤寅次郎
出演:美空ひばり
60分 1957年

12月8日(火)11:00~ 19:00~
「憧れのハワイ航路」
岡田秋夫と山口五郎は同じ学校の出身で、今でも「うきよ」という小さい飲み屋の2階に一緒に下宿していた。二人とも貧乏暮らしで、岡田は夜間中学の英語の教師、山口は画を書いているが、東京都のある地区の公会堂の設計図の懸賞募集に目下応募中という所で、何かにつけて助け合っていた。岡田は音楽に関心を持って、ヒマさえあれば美しい声で歌を唄っていた。
監督:斎藤寅次郎
出演:美空ひばり
78分 1950年

12月15日(火) 11:00~ 19:00~
「青い山脈」
ある片田舎町の駅前。金物商丸十商店の店先に一人の女学生が「母が手元に現金がないからこれを町へ持って行って学用品を買いなさいって……」と小さく海光女学校五年生寺沢新子と書かれたリュックの米をつき出した。留守番の六助はドイツ語の教科書を放り出して大儀のついでに御飯を炊いてもらう。だんだん事情を聞いてみると母を二人もつ新子だった。
監督:今井正
出演:原節子
91分 1949年






かようシネマ
日時 毎週火曜日  11:00~  19:00~ 1日2回
会場 シネマまえばし 前橋市千代田町5-1-1 
主催 ステージコミッショナー (藤橋誠)
共催 オリエンタル群馬







[PR]
by shunkou_hasuike | 2015-11-30 07:49 | メディア | Comments(0)
<< 『月刊つきみそう』12月号が出... 21日(土)22日(日) 【フ... >>