ブログトップ
「あたご歴史資料館」 自治会の学芸員の方が説明してくださいます。
久しぶりに あたご歴史資料館へ
e0187286_17023587.jpg

愛宕神社
社務所、自治会館の裏手
旧母子福祉センターの建物を活用して
住吉町二丁目の自治会のみなさんが運営しています。
火・木・土の 13時から15時まで開館しております。
e0187286_17040651.jpg
 

防空壕を再現
e0187286_17011315.jpg
建物の基礎の問題で地面を深く掘れなかったそうで
実際には3分の2ぐらいは地中に入っていくのだそうですが
一時的な爆風は防げても、火災等の二次災害には耐えられないように思えます。
e0187286_17011305.jpg


空襲の写真
e0187286_17043338.jpg
e0187286_17043340.jpg
焼夷弾の頭部は10年ほど前に広瀬川の底で見つかったものだとか
e0187286_17043236.jpg

昭和20年8月15日 特報
e0187286_17043256.jpg

前橋空襲の経過
e0187286_17043229.jpg
米軍が空爆の可能性があると10数か所の都市に事前にビラを撒く
理由は軍事施設があるから 
とのことですが

先日の一斉慰霊の際に学芸員さんの講和をバタバタしている中聞きかじったところによると
昭和15年の国勢調査による都市の中から
大都市と原爆を落とす可能性のある都市を除いて
軍事施設があることや空爆の効果が見込める場所を選定したという話


作戦指令所をみると
軍事工場ではなく、市街地、桑町を中心に焼夷弾を落とし、
まちごと焦土とする作戦であり
e0187286_17023601.jpg
さらには殺傷兵器(現在のクラスター爆弾のような)を落とした
日本でも数少ない都市だったとの記録があるとのこと
比刀根橋の写真が爆弾の威力、空爆の悲惨さを物語る


赤紙 千人針
e0187286_17043119.jpg
飯盒 水筒
e0187286_17023691.jpg

従軍看護婦の制服
e0187286_17023539.jpg





[PR]
by shunkou_hasuike | 2017-08-11 08:00 | 前橋 | Comments(0)
<< 『まる兵らーめん』でおつまみ 11日(金・祝)「るなぱDEグ... >>