ブログトップ
カテゴリ:大蓮寺( 484 )
御巣鷹山慰霊登山 -3-
墜落現場「昇魂之碑」でお参りしました。
e0187286_20512815.jpg


私が初めてここに来たのが10年程前。
当時の茂木会長からあの凹んだところに機体の右翼が当たってここに落ちたのだと聞きました。
e0187286_2053144.jpg
茂木会長は当時大学を卒業したばかり。事故の2ヶ月ほど後に私の父達と一緒に仏教会の追悼供養に上った時のまだ生々しい現場の様子などを伺いながら。


本多会長を導師に平野上人に脇導師をおつとめいただき、お経をあげ御供養いたしました。
e0187286_214488.jpg

塔婆を立て、お花を捧げ、みんなでお線香を手向けました。
e0187286_2161541.jpg



e0187286_20541019.jpg昇魂之碑に向かって左の小道を登った所に小屋があり、中には祭壇があり、遺族の方の思い出の品や千羽鶴などお見舞いの品が祀られています。生前の写真を見ますと、もし事故がなかったら。他の飛行機に乗っていたら。と考えてしまいます。

More・・・
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-13 21:22 | 大蓮寺 | Comments(0)
御巣鷹山慰霊登山 -2-
村道を登って、駐車場まで行くと何やら騒がしく
大型バスが5台。学生風の人達。以前はなかった光景。
e0187286_15231856.jpg

ここから約800メートル。2、30分で尾根まで登れるように。
ギリギリまで車で行けるようになった分、はじめから登りが急です。

すげの沢のささやき
e0187286_15274647.jpg
石碑や事故の説明があります。

急な坂はコンクリートの木でしっかりとした階段に整備
e0187286_15285268.jpg
e0187286_152936.jpg
以前は丸太で崩れがちでした。

尾根の手前に休憩所とトイレがあります。
e0187286_15311227.jpg

その先に尾根の案内図
e0187286_15321963.jpg
画像が悪いですが記号が書いたタグが沢山。墓標の位置を示します。遺体が見つかった所に墓標が立っています。
実に広範囲に散らばっているのがわかります。


ここから「昇魂之碑」まで急な坂、階段が続きます。
思わず目線が下を向きますが
e0187286_15375236.jpg
その急な崖のところにも墓標が立っています。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-12 15:38 | 大蓮寺 | Comments(0)
御巣鷹山慰霊登山 -1-
昨日は御巣鷹山に慰霊登山へ行ってきました。
群馬教区浄土宗青年会の年間行事で、事故日当日はお盆前なので1ヶ月後に行っております。私も10年ほど前からお参りさせていただいております。
一昨年は台風で中止。昨年は山崩れの為、慰霊の園でお参り。尾根まで登るのは3年ぶりです。
神奈川、長野の浄青会員、そして神奈川教区宗仲寺ご住職、平野仁司上人(前関東教化センター長)と共にお参りいたしました。平野ご住職のお檀家さんがスチュワーデスで搭乗されていたそうです。

下仁田インターを下りてから1時間ほど。山道を登って行きます。
ダムが建設されたとはいえ年々道路が整備されていくのも複雑な気持ちがします。
駐車場に着くまでに毎年軽重の土砂崩れ跡があるのもまた複雑な気持ちになります。

登山口です。
e0187286_11523653.jpg
4,5年前まではここから1時間ほどかかって登りましたが
新しく村道が出来たため通行止めとなっています。
倒れた木が道を塞いでいます。
登山口の観音様の前でご回向いたしました。
e0187286_11562059.jpg

[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-12 11:57 | 大蓮寺 | Comments(0)
朝念仏
朝方は気持ちいい涼風が吹いています。秋も近いでしょうか。

1日の始まりに手を合わしてみましょう。
 弁天堂 です。
e0187286_16252884.jpg


毎朝7時から 朝念仏の会 を行っております。
20分ほどお経をあげ、有縁の方のご供養、前橋の街・商店街の繁栄、お参りの方の家内安全健康増進などご回向しております。
e0187286_16343815.jpg

毎日曜日にはお茶会で各々手作りのものを持合い楽しくおしゃべりしています。
どなたでも参加できますので、是非お立ち寄りください。
朝からお念仏を唱えて1日が気持ちよく迎えられます。


お堂を出ると今日は強い日差しがさしてました
まだ夏ですね。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-05 16:42 | 大蓮寺 | Comments(0)