ブログトップ
カテゴリ:大蓮寺( 500 )
『第24回六時礼讃会』@西福寺(伊勢崎)
e0187286_11453871.jpg昨日は1日こちらに
伊勢崎の『西福寺』さんです。

朝7時に出かけて帰って来た時は日付が回っていました。

群馬教区浄土宗青年会の行事「六時礼讃会」も24回目になりました。
ほぼ4半世紀。私も初めて参加してから10年目になります。

浄土宗をお開きになった法然さまの師に当たる中国の善導大師作の『願往生礼讃偈』に基づき1日を6つに分けて、懺悔し仏を讃える法要であり修行です。

普段は見られない行をいたします。

e0187286_1148105.jpg「表白」
御本尊様に今回の主旨をご報告して

e0187286_1148567.jpg
「散華」
花びらを撒いて仏を讃えます

e0187286_115832.jpg「行道」
お経を唱えながら御本尊様を右回りに回ります。
最高の敬意を示し方と言われております。


e0187286_14211012.jpg「礼拝」
仏に敬意を表し礼拝します。
五体投地、足と手と頭を地にさらし、仏さまのお御足を掌に頂きます。

「仏讃歌・詠唱」
仏を讃える歌を歌います。


e0187286_11584740.jpg
「双盤念仏」
大きな鉦を使って特別なお念仏を唱えます。
大本山増上寺に伝わる「六字詰念仏」です。



e0187286_1201721.jpg西福寺の茂木孝順ご住職
群馬浄青の初代会長。大本山増上寺の布教師。法式の教師です。
お話が上手で、威儀振る舞い立派で、温和な表情。
頭が下がります。
青年会の為に快く会所(場所)を提供していただき、感謝いたします。

e0187286_1205933.jpg檀信徒の方のお参りもいただきました。
修行の場とはいえ
「願わくは諸人もろともに」
『往生礼讃偈』の心です。
ありがたいことです。


e0187286_1420947.jpg併せてお札のご供養をいたしました。


e0187286_124387.jpg「法話」
お参りの方にお話を
大正大学大学院を優秀な成績で修了した阿部会員

私は第二「日中法要」で勉強会で練習していた「和訳六時礼讃」を
「維那」先導役で口頭
そして独唱
初めての披露。
沢山のお参りの方々の前で緊張。


六時礼讃ですから丸一日念仏三昧でした。
浄青のみなさんお疲れ様でした。
お参りいただいた皆さん。ありがとうございました。
e0187286_1255184.jpg
『西福寺』
伊勢崎市田部井町2丁目1167
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-14 12:08 | 大蓮寺 | Comments(0)
『弁天寄席』 チケット販売中。
弁天寄席のチラシ・ポスターが出来ました。
e0187286_22162628.jpg
チケット販売開始。
お問い合わせは
大蓮寺  027-231-7466
マメゼン 027-231-6751
前売り券1,300円(当日券1,500円)

柳家さん喬師匠。江戸落語随一の名人芸を是非この機会にご覧ください。
開場18:00
開演18:30

よろしくお願いします。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-09 22:17 | 大蓮寺 | Comments(0)
『法式研修会』円成
3日間の法式研修会も無事円成。
e0187286_2204650.jpg研修の成果をお礼の法要

e0187286_2213648.jpg
修了証を頂きました。

これで終了♪
ではなく
検定試験ががありました。
5級を受講していましたが、運営側でもあったので全く勉強しておらず…甘く見てました。
いつも唱えているお経が分からなくなり頭が真っ白。
チキンハートです。
本番に弱いやつです。
使い物になりません。    ずいぶん前から。

段取り8分。何よりも準備をしていただいた事務局の方のおかげです。
しかしながら田中法儀司はじめ法式の先生方に気持ちよく指導していただくために。関東一円からお集まりの受講者が集中して研鑽出来るように。よりよい研修会になるために。青年会のみなさん、婦人会のみなさんの協力しながらいい仕事が出来たことは何よりうれしいことです。

大きな行事が終わると、ドッと疲れが出ますね
ちょっと風邪気味みたいです。
といいながら久々にジョギングしてきました。
身体動かすのは気持ちいいね。

みなさんお疲れさまでした。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-09 22:05 | 大蓮寺 | Comments(1)
法式研修会
本日7日(水)より9日(金)まで、大蓮寺では「関東地区法式研修会」を行っています。
e0187286_232956.jpg
法式というのは、有体にいえば法要の勤め方です。
お経の読み方、衣の着方、道具の使い方、立ち振る舞いの仕方などを勉強します。
e0187286_23295698.jpg田中法儀司上人をはじめ、一宗を代表するえらーい先生方をお迎えして、研さんに励みます。
関東地区という名の通り関東一円から沢山の上人方がお見えになっています。

e0187286_2332292.jpg3級の部屋

e0187286_23325857.jpg4級の部屋

e0187286_2333285.jpg5級の部屋


各級に分かれて研修研鑽。朝から晩まで一日中研修三昧です。

と関係者しか興味のない話題ばかりですが
えらーい先生が来るのでお茶菓子に
先日紹介した『栄光堂』の「やき栗」と「くろ助」
それと『ふらんす市場』の「塩マドレーヌ」を用意しました。
『塩マドレーヌ』はどこに持って行っても評判がいいので、今度紹介出来ればと思います。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-07 23:34 | 大蓮寺 | Comments(0)
1階の本堂がきれいになりました。
e0187286_18313214.jpgあれ、
玄関にバラがない

e0187286_1832537.jpg
と思ったら
応接間に



e0187286_183402.jpg今日は婦人会の有志の方がおそうじに来て下さいました。
明後日7日~9日まで「法式研修会」がありまして、40人くらい集まり朝から晩まで研修を行います。
e0187286_18355279.jpg宗門のえらーい先生方がいらっしゃるので、これは綺麗にしないといけないということでお手伝いをお願いしました。
本当にお寺というのは沢山の方々のご協力のおかげで成り立っているのだなあと感じさせられます。

この日に合わせて1階の本堂の阿弥陀さまをと前机を修復いたしました。
e0187286_1838385.jpg大蓮寺は先の大戦時空襲にあい全焼してしまいました。
この阿弥陀さまは三河のお寺から譲り受けたもの。先代の住職と総代の『新妻屋』高野氏が夜を徹して電車で運んで来たそうです。
古色仕立てで分かりづらいですが細部を綺麗に修復いたしました。

e0187286_18401434.jpg前机が見違えるほどきれいに。漆の匂いがたちこめます。これだけ綺麗になると、周りのアラがかえって目立ってしまうのですが。
さすがに本堂を全面修復できるほどの余裕はなく。

大蓮寺では普段2階の本堂で法要を行います。
1階の本堂は非常時に使う程度なのですが、最近は足の悪い方が階段を登れないこともあります。今後はこちらを使うことも多くなるでしょう。いつも綺麗にしておきたいですね。
e0187286_18414928.jpg
あとは心を常に清浄に。
南無阿弥陀仏。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-05 18:43 | 大蓮寺 | Comments(1)
詠唱会
今日は大蓮寺詠唱会がありました。
月2回お稽古しております。

詠唱とは簡単にいえば仏教讃歌です。
浄土宗では吉水流の詠唱会があり、
お祖師様や高僧がおつくりになったお歌に節をつけたご詠歌
仏の教えやみ心、法要について歌われるご和讃
とお舞があります。
e0187286_21224452.jpg
鈴(すず)と鉦(かね)を使って、鳴らしながら歌います。

e0187286_21234632.jpgお稽古だけでなく住職のお話もあります。

童謡唱歌を歌ったりすることも
それで前半が終わったり

毎年4月には大本山増上寺の御忌会に奉納大会があります。
後半は来年の奉納曲「二世安楽の御詠歌」をお稽古しました。
e0187286_21263873.jpg
膝を打ちながら拍子をとって練習。



e0187286_2127311.jpg
鈴と鉦を鳴らしながらリズムカルに


「二世安楽の御詠歌」
後の世も この世もともに 南無阿弥陀仏 仏まかせの 身こそ安けれ
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-26 21:30 | 大蓮寺 | Comments(0)
世話人会@大慶院 後のおたのしみ
大慶院の世話人会に出席。文京町へ。
日が落ちて戸締りしてから出かけたら・・・遅刻。
夕日を撮っている場合ではありません。

11月の弁財天例大祭の打ち合わせをして
ついでに五色のブログのことも宣伝。

今でこそけやきウォークも出来て賑やかになって来ましたが
もともとは畑が広がる田舎?
私の母親はこちらの方に疎開していました。
大慶院のお檀家さんには農家の方が多いのです。
そんな世話人会の楽しみはこれ
e0187286_23145833.jpg
会議後の懇親会です。

e0187286_23174688.jpg皆さんで食べ物を持ち寄ってきます。
特に、里芋の煮っ転がしときんぴらが絶品です。

e0187286_23193368.jpgもう見るからに田舎料理です。
ええ食べる私だってイナカ者です。
なんたって採れたての野菜です。ウマいです。
イナカ者の特権です。

何だか食べ過ぎで体が重いです。
そういや昼間は京華さんでチャーハン餃子食べたし。
それは明日にでも。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-24 23:24 | 大蓮寺 | Comments(1)
夕日を拝んで、手を合わせ?
お彼岸もお中日を過ぎました。今年は4連休だったこともありお参りの方の出足は悪かったのですが、お昼過ぎから沢山の方がお見えになりました。
表に出ると汗ばむような陽気。朝は秋の涼風が吹いて「暑さ寒さも・・・」でしたのに
お花が無くなってしまいました。
連休が終わったはずなのですが、子供達が弁天通りを走りまわっています。運動会の代休だったようです。
今日はいい天気だったのでお墓参りをした後夕日を拝もうかなと西の空
ちょっと雲がかかっていました
沈みゆく夕日に手を合わせ
e0187286_22505463.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・
夕日を撮るには建物が邪魔です
偉そうなこと言ってこんなオチA^_^;

数日前に見たあの赤い夕焼け空は?
そういえばお日様はみてなかったなあ

昨日初めて、100アクセス/1日 を超えました。
ありがとうございます。
いづれはコメントが増えるようなブログにー
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-24 22:53 | 大蓮寺 | Comments(1)
夕日のかなた

大本山増上寺の今月のことばです。

e0187286_2128084.jpgご先祖さまが
いなければ
今の私は
いないのだ
沈む夕日の
彼方には
ご先祖さまが
おわします

明日はお彼岸の中日。秋分の日です。
お彼岸は亡き人を供養すると同時に、彼岸・仏の世界と縁を結ぶ修行の時です。
昼と夜がちょうど同じ時間。気候も過ごしやすい季節です。
阿弥陀経に「これより西方十万億の仏土を過ぎて世界あり、名づけて極楽と曰う」とあります。父のいる母のいるご先祖さまのいらっしゃる我がふるさとは、秋の真っ赤な夕日の彼方にあると、手を合わせてみてください。

日想観
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-22 21:31 | 大蓮寺 | Comments(0)
弁天寄席 速報
11月3日弁財天例大祭です。
家内安全、諸願成就のご祈願をいたします。
また恒例の弁天寄席を、大祭の3日の夜に行います。

今年の出演者・番組が決まりました。

柳家小んぶ(前座)
柳家さん弥(二つ目)
柳家喬之助(真打)
ー仲入りー
柳家さん喬(真打)

今年は名人・さん喬師匠が2座勤めます。
最初から最後までじっくり落語をお楽しみいただきます。
ここ数年、柳家さん喬師匠にお世話になっています。
平成2年弁財天堂落慶から沢山の落語家さんにお越し頂いてますが、
さん喬師匠の落語は正に名人芸。人情噺に心を打たれること請け合いです。
昨年の弁天寄席以降、何度もテレビでお見かけするようになりました。
今や江戸古典落語の第一人者。そのお人柄も素晴らしいです。
只今、チケット、チラシを製作中。
今少し、お待ちください。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-20 21:45 | 大蓮寺 | Comments(0)