ブログトップ
カテゴリ:大蓮寺( 493 )
夕日を拝んで、手を合わせ?
お彼岸もお中日を過ぎました。今年は4連休だったこともありお参りの方の出足は悪かったのですが、お昼過ぎから沢山の方がお見えになりました。
表に出ると汗ばむような陽気。朝は秋の涼風が吹いて「暑さ寒さも・・・」でしたのに
お花が無くなってしまいました。
連休が終わったはずなのですが、子供達が弁天通りを走りまわっています。運動会の代休だったようです。
今日はいい天気だったのでお墓参りをした後夕日を拝もうかなと西の空
ちょっと雲がかかっていました
沈みゆく夕日に手を合わせ
e0187286_22505463.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・
夕日を撮るには建物が邪魔です
偉そうなこと言ってこんなオチA^_^;

数日前に見たあの赤い夕焼け空は?
そういえばお日様はみてなかったなあ

昨日初めて、100アクセス/1日 を超えました。
ありがとうございます。
いづれはコメントが増えるようなブログにー
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-24 22:53 | 大蓮寺 | Comments(1)
夕日のかなた

大本山増上寺の今月のことばです。

e0187286_2128084.jpgご先祖さまが
いなければ
今の私は
いないのだ
沈む夕日の
彼方には
ご先祖さまが
おわします

明日はお彼岸の中日。秋分の日です。
お彼岸は亡き人を供養すると同時に、彼岸・仏の世界と縁を結ぶ修行の時です。
昼と夜がちょうど同じ時間。気候も過ごしやすい季節です。
阿弥陀経に「これより西方十万億の仏土を過ぎて世界あり、名づけて極楽と曰う」とあります。父のいる母のいるご先祖さまのいらっしゃる我がふるさとは、秋の真っ赤な夕日の彼方にあると、手を合わせてみてください。

日想観
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-22 21:31 | 大蓮寺 | Comments(0)
弁天寄席 速報
11月3日弁財天例大祭です。
家内安全、諸願成就のご祈願をいたします。
また恒例の弁天寄席を、大祭の3日の夜に行います。

今年の出演者・番組が決まりました。

柳家小んぶ(前座)
柳家さん弥(二つ目)
柳家喬之助(真打)
ー仲入りー
柳家さん喬(真打)

今年は名人・さん喬師匠が2座勤めます。
最初から最後までじっくり落語をお楽しみいただきます。
ここ数年、柳家さん喬師匠にお世話になっています。
平成2年弁財天堂落慶から沢山の落語家さんにお越し頂いてますが、
さん喬師匠の落語は正に名人芸。人情噺に心を打たれること請け合いです。
昨年の弁天寄席以降、何度もテレビでお見かけするようになりました。
今や江戸古典落語の第一人者。そのお人柄も素晴らしいです。
只今、チケット、チラシを製作中。
今少し、お待ちください。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-20 21:45 | 大蓮寺 | Comments(0)
お彼岸入りです
お彼岸です。
朝早くからお参りの人達が
e0187286_11353998.jpg


e0187286_1137334.jpgお花とお線香と
あとシャボン玉も
用意してありますので、どうぞお出かけ下さい。


お彼岸は日本人の家族を大切にする大事な習慣ですが、昼夜が同じ時間のこの過ごしやすい時期に、彼岸・極楽と縁を結ぶ機会。修行の期間でもあります。
まずは、ご先祖様をお護りする御本尊にご挨拶をしてから、お墓参りをしてくださいね。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-20 11:39 | 大蓮寺 | Comments(1)
浄青勉強会
大蓮寺で、青年会、といってもお寺の方の
第1回勉強会がありました。
e0187286_22185099.jpg

本来なら2、3回目のはずですが。今年は関東ブロックの総会もありまして、この時期に。


e0187286_2220182.jpg今回のテーマは「和訳六時礼讃」
和訳のお経、音楽法要です。
浄青40周年の記念行事の練習




こういう時には楽譜が読めればいいなあと思います。
e0187286_22225465.jpg

お彼岸前の忙しい中、講習会の打ち合わせも含めみなさんお疲れ様でした。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-18 22:25 | 大蓮寺 | Comments(0)
芙蓉の花
昨日はブログを更新できず。新米ブロガーは当てになりません。
水曜日で商店街はお休み。何もないので、ラーメン食べに伊勢崎へ
ネームカードのキーワードにラーメンとあるし
カメラに電池が入ってませんでした(>_<")

今日は夕方甥っ子とその友達と広瀬川のほとりを歩いていたら
白い鳥が!
カメラの電源入れている間に逃げて行きました・・・
所詮アナログ人間。当てになりません。


家の玄関を出て見上げると頭上に花が咲いていました。
普段見ていても何とも思わないのですが
夕焼け暮れかかる空に綺麗に
e0187286_19162754.jpg
芙蓉の花です。
父が琵琶湖の近くで貰ってきて育てたものだそうです。
でもあんなに高い所に可憐に咲くものかしらん
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-17 19:21 | 大蓮寺 | Comments(0)
しゃぼん玉
日曜日はお彼岸の入り
家族揃ってお墓参りお寺参りに行きましょう。

ということでその準備にシャボン玉を買いに行ってきました。
大蓮寺ではお参りに来た子供たちにシャボン玉を差し上げています。
小さい頃から親に連れられてお墓参りお寺参り。仏様に手を合わせる習慣をつけておきますと、相手を思いやる優しい心の人間に育ちます。
e0187286_18284373.jpg
近所の問屋さんにで箱買い。
ニコちゃんと動物君とアヒル君のほか


e0187286_18314726.jpg新しくフルーツ君と
セレブ用キティーちゃんが
  単価2倍


同じものを売っている駄菓子屋『わがじゃん』には悪いので
ひとこと声をかけに行ったら
e0187286_18381674.jpg
休み。・°°・(>_<)・°°・。

甥っ子が寂しがってました・・・
  例の仕事をとりあえず明日までに何とかするように
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-17 18:40 | 大蓮寺 | Comments(2)
お地蔵さんも衣替え
今日は婦人会の例会でした。
e0187286_2252891.jpgみなさんお帰りになって夕方。大蓮寺のお地蔵さんでまだお参りいしている方が。
婦人会・詠唱会の桜井さんです。
年に5,6回。季節の変わり目にお地蔵さんに赤い帽子と前掛けを作って着せてくださいます。
大蓮寺でお参りしてお稽古。中央通りの小川屋さんで生地を買い、自分で裁縫してくださいます。ありがたいことです。


大蓮寺の大地蔵尊
e0187286_22542567.jpg

以前は山門をくぐると正面に堂々と安置されていました。
もともとは文政9年ですから 1826年に大蓮寺の参道、現在の弁天通りの入口に建てられました。
左手に持つ宝珠には願いを叶える不思議な力が
神力演大





入口の六地蔵さんも心なしか嬉しそう
e0187286_22595497.jpg




こんなところにもお地蔵さんがe0187286_2355419.jpg
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-15 23:11 | 大蓮寺 | Comments(0)
御巣鷹山慰霊登山 -4-
麓の国道まで下りて、慰霊の園でお参りしました。

円錐を割った合掌型のモニュメント
e0187286_21434135.jpg


その後ろの山腹に身元不明、というより確認できなかった121名の御遺骨が納骨堂に収められています。
e0187286_21463510.jpg


e0187286_21483989.jpg
その8kmほど先に御巣鷹の尾根があります。




e0187286_21524555.jpg景色は見えませんが、線香を手向け手、碑と御遺骨に手を合わせると同時に現場に手を合わせているように設計されています。


敷地内の資料室には慰霊の為の品のほか、事故当時の様子を伝える資料が展示されています。
当時の惨劇と先ほどまでいた事故現場を頭の中で一致させて。鳥肌が立つ思いがします。

More・・・
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-14 21:57 | 大蓮寺 | Comments(0)
御巣鷹山慰霊登山 -3-
墜落現場「昇魂之碑」でお参りしました。
e0187286_20512815.jpg


私が初めてここに来たのが10年程前。
当時の茂木会長からあの凹んだところに機体の右翼が当たってここに落ちたのだと聞きました。
e0187286_2053144.jpg
茂木会長は当時大学を卒業したばかり。事故の2ヶ月ほど後に私の父達と一緒に仏教会の追悼供養に上った時のまだ生々しい現場の様子などを伺いながら。


本多会長を導師に平野上人に脇導師をおつとめいただき、お経をあげ御供養いたしました。
e0187286_214488.jpg

塔婆を立て、お花を捧げ、みんなでお線香を手向けました。
e0187286_2161541.jpg



e0187286_20541019.jpg昇魂之碑に向かって左の小道を登った所に小屋があり、中には祭壇があり、遺族の方の思い出の品や千羽鶴などお見舞いの品が祀られています。生前の写真を見ますと、もし事故がなかったら。他の飛行機に乗っていたら。と考えてしまいます。

More・・・
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-09-13 21:22 | 大蓮寺 | Comments(0)