ブログトップ
<   2009年 10月 ( 54 )   > この月の画像一覧
菊花展示 大蓮寺弁財天例大祭近づく
e0187286_17304826.jpg今日は朝から弁天堂の前に軽トラが
私がお寺にいらしたお客さんとお話している間にすっかり荷物を運び出しておりました。


e0187286_17314353.jpg
e0187286_17345368.jpg山門から弁天堂の前まで
通路に並びます菊花の鉢植えの列


e0187286_1737382.jpg毎年、弁財天の例大祭に併せまして
お檀家の早川さんがご自分で丹精込めて育て上げた菊花の展示をしております。

e0187286_173822.jpg今年はいま一つの出来とのことですが
大きな鉢植えが境内に並ぶ姿なんとも壮観です。

街中へお越しの際はどうぞ大蓮寺へ。弁財天にお参り下さい。
e0187286_17393179.jpg


ご祈願のお札供養お申し込み。まだまだ受け付けております。
ご祈願のお札には大小二つの大きさがございます。
大(木札30㎝)3,000円 小(木札24cm)2,500円です。
ご祈願は午前10時11時午後1時2時3時の5回です。
ご希望の時間がありましたらご指定ください。
家内安全、商売繁盛、その他諸願成就ご祈願いたします。
当日も受付が出ますが、事前にお申し込みいただけると助かります。
e0187286_17452985.jpg毎年恒例となりましたが
当日お札お申し込みの方には、抽選で「菊鉢」のプレゼント。
さらに大蓮寺はちす婦人会から「けんちん汁」のご奉仕がございます。
どうぞ大蓮寺までお申し込みくださいね。

これから天気が崩れそうな予報ですが。
11月3日は毎年天気がいいので。今年もよろしくお願いします。
南無阿弥陀仏(^人^)
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-31 17:55 | 大蓮寺 | Comments(0)
弁天ランチ
私が太田、館林と弁天通りを離れている間に
「わがじゃん」子供たち相手に悪戦苦闘だったようで
声をかけに行ってみると
e0187286_21505944.jpg
必殺“わが酔拳”を演舞中
相手はまぁやちゃんですか(~_~;)
相変わらず人気者です。

近づいてみると
「あ、来た来た。噂をすれば」声を掛けられました。
「その様子だと悪口言ってたでしょ」
「内緒」
2人して良からぬことを企んでいそうです。

「油淋鶏食べますか?それとも…」
いや、そんな手間のかかる大層なものは
喜んでいただきます。(o^o^o)
一人暮らししていた時は妙に手の込んだもの作った覚えがあるなあ。
美味しいですよね。ゆうりんち♪

一回りして家に戻っていると再び電話がかかってきて
まぁやちゃん親子スズカちゃん親子いつものメンバーでランチタイム

e0187286_21553674.jpgマヤママさん特製油淋鶏です。
味が良く染みています。
一晩置いたらしいです。
・・・・・・・・・・・
ってことは予め下ごしらえしてあったのね
他のものをリクエストしたらどうなっていたのやら
タレの味もシンプルで美味しいです。
ニンニクを使わず、生姜も下ろさずにみじん切りに
一晩置く手間でシンプルな中に奥深い風味を加えています。
紹興酒と黒酢とザラメ。材料はしっかりしたものをとこだわっているようです。

「1:1:1だからスゴク簡単」とのこと
紹興酒と黒事酢と醤油と あとザラメも1なのかな
あと愛情と(^-^)
   それは旦那さん用☆彡


e0187286_21592077.jpgおむすびを作ってきて下さって
茶碗に入れて一緒に。
ご実家からお米を送ってきて下さったようです。
塩振って、海苔巻いて。新米は美味しいです。
 ワガママ言えば、ゆうりんち良く味染みているので、塩控えめの方が良かったかもo(^◇^;)o

おなか一杯
おてて合わせてご馳走さま(^人^)

e0187286_9333369.jpg
のすぐ後に駄菓子屋『わがじゃん』グミを食べようとする子供たちの図
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-30 22:03 | 弁天通り | Comments(3)
塩らぁめん@爆じゅう餃子 餃点
別時念仏会が終わり、群馬浄青のスタッフみんなで善導寺の隣のアピタの『TULLY'S COFFEE』でお疲れ会。
ホットコーヒー。トール。余ったら車に持って行こう。
と思ったらカップで出てきました。o(^◇^;)o
また一つ大きな行事が終わり。次、行ってみよう。次どうぞ。
ウィース。
もう一丁、ウィース。

お疲れ様ー
で、「この後塩ラーメンですか?」前日一緒に自転車乗った後輩が問いかけます。
いや、最近太り気味で。A^_^;)たぶん食べ過ぎ。
「どうするの?どっちでもいいけど」
俺が行くというと全員行く雰囲気・・・
気になったことはさっさとやっつけときましょう。
館林から太田まで。帰りのラッシュで1時間かかって到着

e0187286_179538.jpg二日連続の『爆じゅう餃子 餃点』です。

夕飯時の夜6時
他にお客さんはいません。
今、東でラヲタ一番注目の店なのに何故??

とにかく塩です塩。
「味噌を食べて、この鶏の濃厚なスープは塩で食べないと。味噌はごまかしが効くから。」味音痴が生意気に語ります。
「やっぱり塩が一番気を使うんですよ」
2日連続で来たので喜んでくれています。マスターのノリがいいです。

e0187286_17105889.jpg
念願の「塩らぁめん」です。
透明感のあるスープ。でもダシが良く出ていて白というより黄色みがかっています。油が浮いていますが鶏油でしょうか。
トッピングはチャーシューとメンマ拍子切り、味玉半分は味噌と同じ。
それと三つ葉とネギです。
今回はノーマルの細麺でいただきました。

e0187286_17134753.jpgう~ん、鶏です。鶏。鶏がガツンときます。
鶏の旨みを素直に味わいたいなら断然塩です。
もちろん味噌も旨いのですが、塩を食べてスープの味を理解してからでしょう。
濃厚な鶏の味でコクがあります。そして鶏の油もしっかり。
それでいて口に残るものがありません。すっきりしています。無化調ならではでしょう。鶏白湯並のコクでありながら、上品なスープです。

麺は細麺ストレートです。やっぱり上品なスープには細麺が合います。これでも十分にスープに絡みます。
味玉は味噌と同じものなのでしょうけど。味は塩の方が際立ちますね。黄身まで味が付いていて美味しいです。
メンマもコリコリしていい味出しています。

e0187286_1718366.jpgマスターがサービスで出来たてのスープを味見させてくれました。
非常に上品な水炊きといった感じです。鶏のおだしが良く出来ました。美味しゅうございます。

お客さんがもう一人いるにもかかわらず、出来たてスープの寸胴を持って秘訣を熱く語っていただきました。
画像は申し訳なくて撮れませんでした。
鶏はフランス料理にも使うプルノアールだかななんだかの品種赤城の地鶏丸鶏。ガラは使わないそうです。マスター曰く、このスープを飲むとガラスープは飲めないというくらい違うそうです。
『稲葉』のとりそば鶏白湯好きの私には耳が痛いです。
味の深みは魚介だそうです。これでコクを出しているようです。
恥ずかしながら私の舌に魚介は感じませんでした。
魚介と言っても、節系は使っていません。苦味が出るのでマスターは嫌いなのだとか。
まさに魚や貝でダシに深みを。贅沢な話です。
さらに出来上がったスープを小分けにして冷蔵庫で保存。小分けにしてその度に温め直すことによって味の変化を防ぎます。
これだけの脂分がありますので冷やすとプルプルになるそうです。

太田に行ったら爆じゅうの「塩らぁめん」
しゅんこうのオススメです!

e0187286_17211642.jpgお冷のコップ受けのお皿にこんな文が
『ふくろう』跡地に福を呼ぶこのようなお店が来ればいいですね。

『爆じゅう餃子 餃点』
住所:群馬県太田市新井町516-11-B
電話番号:0276-46-7937
営業時間 平日:11:30〜21:00
  土日:11:30〜15:00
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-30 17:27 | お店 | Comments(1)
太田サイクリング会、散策、復路
車で金山まで。駐車場に車を停めて
A:折角だから金山城跡に行ってみますか?
B:サイクリングロード行くなら帰る時間を考えないと
私:どちらでもいいですけど
取り敢えず急な石段を登って
奥さんハイヒールなのでさすがに無理そう
帰りますかどちらでもいいですけど
と言いながら私の足は勝手に屈伸してステップを踏んでお城跡へ

e0187286_23462210.jpgあれ?
いい景色

e0187286_23471570.jpg
あれ?
石垣
さん

e0187286_2348467.jpgあれ?
いつの間にか頂上まで来てしまいました。
本丸跡には新田神社
お参りして
祀られているのは新田義貞…
歴史に名高い
武士に何をお願いしたっけ?

駐車場で奥さんが待っていました。
スニーカーに履き替えて。

ちょうど金山散策で歩き回って石段登ってお腹を空かせて
e0187286_23501075.jpgデザートに山田屋に
ん?

e0187286_23504848.jpgん?
金山城に行こうっていったのはだぁれ?
私は何も言ってないし
足が勝手に・・・

早く帰れということでしょう。
奥さんがアミノバリューを買っておいてくれていました。疲労回復これを飲むと筋肉痛になりません。
有難いことです。
自転車乗るためには水分は欠かせません。
ボトルホルダーにセット。
出発3時25分

一路南に舵を取れ
目指すは利根川サイクリングロード

にたどり着くまでに30分近くかかるとは
e0187286_2353269.jpg橋を渡って。長いよ橋。
やっと来ましたサイクリングロード

利根川サイクリングロード
快適快適。
信号がないというだけでこんなにも違うとは。
天気がいいのは素晴らしいね。気分いいです。
速度時速30km固定
飛ばします。
e0187286_23552794.jpg川沿いの土手
のどかです。

e0187286_2356751.jpg
夕日に暮れるサイクリングロード
いい景色です。

太田 刀根橋 熊谷 上武大橋 深谷 本庄 坂東大橋 
なんだか疲れてきたなあ
後輩は汗ダクです
私はDEFY3 ジャイアント 世界最大の自転車会社。
コストパフォーマンス重視の一番安いロードバイク。
後輩 Louis Garneau ホワイトカラー のシティーバイク
色といいフォルムといい「ルイガノ」カッコいいです。
私のバイクより高価だし。色々手を加えているし。
私の知り合いでルイガノ乗っているのはこの倉賀野の後輩。とまあやちゃん
セ・レ・ブ

とはいえシティーバイク。遠出はつらい。
ロードバイクのドロップハンドルがこんなに楽だとは
50km走って実感できるものですね。
つらそうだけど大丈夫かな?
まあいいのです。
相手は農大二高で花園準優勝のラガーマン
私は前高音楽部の文化系
基礎体力が違います。
相手は身長180以上。Lサイズのバイクのサドルを目いっぱいあげて
私は身長160。XSサイズの自転車などジャイアントくらいしか取り扱ってない。足付かない。
体力の前に身体が貧弱です。
それでも日々の努力は大事です。

e0187286_23582470.jpg五料橋
夕方5時。
夕日が落ちかけてます。まだ使ったことのないライトを取り付けました。
標識が分かりづらく川のどちら側を通ればいいのか分からなかったのですが、たまたま通りかかったチャリライダーの方に教えてもらい橋を渡って反対側に

秋の日は短いです。日が暮れました。
暗いです。怖いです。ライトが付いていても安定感のないロードバイク。スピード出せません。

たまたま通りかかった地元の人に道を尋ねて後輩と玉村大橋で別れました。

e0187286_23594319.jpg夕方5時30分
横手大橋か昭和大橋か
どちらでもいいけど暗い。

e0187286_004049.jpg夜6時
弁天通り。
帰って来ました。
疲れました。
「わがじゃん」相手してくれないので寂しい。
のですが県民の日水曜日の「わがじゃん」子供相手で相当お疲れのご様子。


しかし始めてのサイクリング会でしたが、自転車は無条件で楽しい♪
ペダル回して風を切る。サイクリングロード最高だね。
さてさて、次はどこ行こうかな?
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-30 00:05 | Comments(0)
別時念仏会@善導寺(館林)
今日は関東の浄土宗青年会の行事、三大本山別時念仏会で館林の善導寺さんへ。
e0187286_2282985.jpg
「三大本山」とは関東にある三つの浄土宗の大本山で東京芝の増上寺、鎌倉の光明寺、長野の善導寺(大本願)です。
「別時念仏会」とは特別に日時を定めてひたすら念仏行に励む行事です。
念仏行者たるものもちろん日々に唱える普段の念仏(尋常念仏)が大事です。とはいえ日々の生活の中でやらなければならないこともあります。ついつい怠けてしまうこともあります。時間と場所を決めてみんな一緒にひたすらお念仏に励みましょうということです。
名前が示す通りもともとは「大本山」で行われていました。関東一円から青年僧が集まって念仏行を行うのに相応しい場所として。
最近は各地域の由緒あるお寺で行うことも各教区の会員にとっていい機縁となるという由。今回は理事長のお膝元の群馬でということになりました。
館林の善導寺さんは関東十八檀林の一つ。
「檀林」とは僧侶の養成所、学問所。江戸時代浄土宗の僧侶の養成は18ヵ寺に限られていました。要するに善導寺さんは由緒ある大きなお寺なのです。
私はこの重大行事にあたり駐車場係を拝命。
「駐車場係」とは、関東一円から集まるみなさんの車を特別に用意した駐車場まで誘導するという重要な…

e0187286_22153954.jpgご善導寺住職にご法話を頂きました。
檀林のご住職。
管主さまです。
偉いのです。

e0187286_22185295.jpg善導寺の御本尊阿弥陀如来にごあいさつ

e0187286_22204346.jpg
みんなでお経を唱え
お念仏を唱え

e0187286_22212546.jpg
みんなで木魚を叩き

e0187286_2222362.jpgみんなで礼拝
画質が・・・
五体投地接足作礼。両膝両肘額を地にさらします。阿弥陀さまに対する最敬礼の姿勢です。

e0187286_22232749.jpg私は礼拝係で音頭取りを。

e0187286_22245937.jpg庭園です
綺麗に手入れされています。
鯉が泳いでいます。
さすが檀林様です。




e0187286_2226865.jpg
城沼に夕日が沈みます。
西の空に手を合わせました。
お疲れ様でした。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-29 22:29 | 大蓮寺 | Comments(1)
味噌らぁめん@爆じゅう餃子 餃点(太田)
ラヲタに片足を突っ込みつつある私
大先輩先生にいつもオススメされていた
そして東のラーメンキング監督さんに太田に来たなら行くべし食うべし!と指令の出ていた
『爆じゅう餃子 餃点』さんに初来店です。
ええ、スペシャルランチです。ラーメンです。

e0187286_2254422.jpg太田市役所の西隣にあります。駐車場入り口のまん前です。
外観を見ると、本当に役所前のありがちなラーメン屋です。
ここがそんなにおいしいお店とはラヲタでなければ気づくまい。です。
味音痴の私には知る由もありませんが、フランス料理に使うような丸鶏でダシを取っているとか。期待が膨らみます。
リサーチした上で
味噌ラーメン(手打ち風)を注文。餃子も3種類(爆じゅう、激辛、カレー)頼みました。
e0187286_22561089.jpg
ん。これは。
随分と上品な印象です。
味噌というと乱暴に言えば野暮ったいラーメン。味噌の味が強いのでダシやスープを誤魔化すようなお店も多い中。
こちらは独自の鶏スープを最大限活かしている印象です。味噌は控えめな白味噌?かな。それでいて味噌のコクが十分効いています。
そして鶏スープ。先輩の醤油ラーメンを見ても透明感のある上品なスープなのですが、鶏白湯かと思うくらいの鶏のコクが感じられます。
無化調なので非常にまろやか、口に嫌な雑味が残りません。
しかしながら相当に鶏の脂分があります。だから鶏白湯並に脂の膜が出来そうなくらいに。それでいて口に油は残らないのは無化調だけでなく、素材の良さの表れでしょう。
トッピング。野菜。見た目以上にたっぷり。そしてもやしだけでなくニラ、人参、キャベツ。味付けは控えめですが野菜炒めとしても美味しいくらい。でスープを汚しません。
チャーシューは厚めのものが1枚。肩ロースを味付けは控えめな茹で豚風。素材の良さを前面に出した脂身の甘みを感じる一品です。

これは「じゃんじゃん」の野武士味噌の対極を行っています。
相当レベル高いです。
が、
こりゃ塩食べなきゃいけないなあ。
鶏白湯「なかじゅう亭」も旨かったけど
茨城へ行った時に時間があれば行く古河の「稲葉」
そして地鶏といえば館林の「米屋」
どちらも鶏ーーというかんじですから
こちらの方が上品なはず。
食べ比べてみないといけません。

そういえば明日は館林行くんだなあ…
さて。どうしましょう。

餃子は薄皮でボリュームたっぷり。
肉餃子です。
美味しいです。
太田にいらっしゃった際には是非!

『爆じゅう餃子 餃点』
住所:群馬県太田市新井町516-11-B
電話番号:0276-46-7937
営業時間 平日:11:30〜21:00
土:11:30~15:00 19:00~21:00 日:11:30〜15:00
定休日 なし
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-28 23:02 | お店 | Comments(0)
太田サイクリング会、の巻 往路
兼ねてから懸案の太田サイクリング会です。
e0187286_2252121.jpg8月に購入した愛車DEFY3号
今までは一番遠くて渋川の大正橋まで。
初めての遠出。ワクワクドキドキの少しのハラハラと。自然と気合いが入ります。

倉賀野の後輩と文京町の大慶院で待ち合わせ。
さてさて、どうやって行きましょうか?車でなら行ったことがありますが。
「任せます」
任せられても困ります。道知らなにゃい。車なら2号線行きゃ着くだろうけど
ええい、ままよ。北関東道の側道を行くことにしました。
いい天気です。全く。風を切る感じが何とも言えません。
ママチャリでは考えられないスピード。快適さ。自転車めちゃくちゃ楽しいです。
高速の側道。正解です。信号も少なく快適です。
一つだけ気がかりなのは、上武国道以降の道は車でも経験なし。道があるかどうかも分かりませんo(^◇^;)o

e0187286_22111983.jpg実は愛車DEFY3号はハイテク車。
ETC付きなので高速で太田藪塚インターまで行きました。ちがうか。

快適な側道から78号線に入り、金山方面に
田舎道です。危ないです。車にぶつかりそうに、なのでスピードが出せません。その前に道が悪いです。
いつもお世話になっている太田の大先輩先生と電話を取り合って
e0187286_2212266.jpg大光院の参道まで迎えに来ていただきました。
ご足労いただき申し訳ありませんです。

e0187286_22131912.jpg 太田金山名物?山田屋の焼きまんじゅう。
平日でも夕方に売り切れてしまうそうです。
お昼ご飯の後にデザート?食べに来ようと思います。

先輩のお家にお邪魔して、一休みです。
自転車から降りると汗が。どっと疲れます。約2時間ほど。約37km
冷たいおしぼりがありがたい。そば茶を頂いて一服。
素敵な奥さまです。ありがとうございます。
6月に伊香保で開催された群馬教区浄土宗青年会担当の関ブロ浄青研修会の記念DVDを見せていただいたり。編集ご苦労さまでございます。

そして今回の目的でもあるスペシャルランチに
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-28 22:15 | Comments(0)
お茶会@大蓮寺詠唱会
今日は大蓮寺詠唱会がありました。
住職は京都出張で欠席。平日ということもあって人数も少なめですね。しゅんこう先生の器の大きさが伺えます。
この時期に行われる法要「十夜和讃」
来年の詠唱大会奉納曲「二世安楽の御詠歌」
平成二十三年に一宗あげて行われる「宗祖法然上人八〇〇年大遠忌和讃」
などを練習しました。
e0187286_2111248.jpg
学校から帰って来た、広くん先生も参加して「光明摂取和讃」を歌うの図。

練習が終わりますとみんなでお茶会です。
毎回担当の方がお菓子を用意して下さいます。
e0187286_21144781.jpg今回は担当の藤井さんが「たくわん」と「はやと瓜」の漬物を漬けて、イチジクのワイン煮を作って下さいました。和菓子屋さんでお団子。
そして、「たむら園」の薄皮饅頭もあります。電話予約して買ってきて下さったそうです。ありがたやー
漬物は薄味ながらもよく漬かってます。
ワイン煮も甘味控えめでイチジクの良さが出ています。
味も良く体にもよく。

e0187286_21172455.jpgポケットに忍ばせておいた薄皮饅頭♪
おまんじゅう
平べったいです
割ってみるとあんこびっしり。
久しぶりに食べてみましたが
美味しい。
e0187286_2120915.jpg最近あんこ食べ付けてますけど。一味違った漉し餡です。
酒まんじゅうに合うアンコとは、美味しいだけでなく麹の風味に合った、それに負けないモノが必要なんだなあ。
伝説の「片原まんじゅう」のレベルに適うものは
高崎の『角田製菓』でも片貝の『ふくまんじゅう』でもなく
『たむら園』さんだなあと再認識しました。
いや、酒饅頭も奥が深いです。
和菓子は日本の文化。
小豆は和の心ですね。

『たむら園』
前橋市国領町2-10-5
027-232-1350
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-27 21:25 | 大蓮寺 | Comments(0)
辛味噌ラーメン@『じゃんじゃんらぁめん』立川町
昨晩『ほんこん』さんに昼間フラれたので改めて弁天通青年会で夜に突撃!
まだ「支度中」。休み?どうしたのかな?
慣れない会長風吹かすとこれです。立つ瀬がありません。

仕切り直し。のこったのこった。
しゅんこう関、土俵際まで追い込まれましたが、徳俵に足をかけて必死に踏ん張ります。そのまま勢いで熊野神社まで押し返す勢いです。道路の反対側の徳俵まで怒涛のがぶり寄り~。
e0187286_1052321.jpg
おっと徳俵の向こうには『じゃんじゃんらあめん』が。
昼間にいつか来ようと思っていたところです!
よし。みんなで乾杯!
見事な寄り切り勝ちです。

「わがじゃん」から味噌ラーメンが改良を重ねてグレードアップしているという情報を入手。以前一度食した時はじゃんじゃんの博多風豚骨と味噌ラーメンの合わせ技。じゃんじゃん豚骨の勝ちという印象でした。
一味変えて「辛味噌ラーメン」を注文!
どうやら信州から味噌を取りよせて独自のラーメンを開発した模様。
e0187286_10581866.jpg
ん、これは!!
信州味噌!!です。味噌ラーメンではこのような田舎味噌?の強烈な主張は経験がありません。ウブで経験数が少ないゆえ舌に自信はアレすが。個人的にトンコツなどアブラ負けない味噌を探していたところです。太田館林方面とは違う力強い味噌を。
豚骨が相当こってりのはずですが、味噌が負けないどころかこれでもかーと田舎味噌の粗野な勢いが迫ってきます。
野武士味噌ラーメンです。
どこにも無いじゃんじゃんオリジナルで「結構注文が出るんですよ」と
一見頑固そうな侍店員さんの自信に満ちた言葉が印象的でした。

e0187286_1133894.jpg餃子を美味しく頂いていましたが、壁にオススメ「塩ホル」の文字。注文。
ネギ塩ホルモンですね。完全なビールのおつまみメニュー。
ネギ塩ドーン。豚ホルモン、ギューッ。レモン風味で引き締めとどめ。

平日ランチもやっています
しかし、これだけこってり強烈な味は夜用ですね。

e0187286_1172656.jpg「ギャ あーー!」
ボタン屋さんがあらぬことをやっています
堂々と
ラーメンをどんぶりライスの上に!!
弁天チャイルズの教育に良くないので嗜めようとすると
「ラーメンライス」の奥深さについて熱く語り出しました。
ほうほう。千葉では当たり前のことらしいです。
左手にご飯茶碗は日本人の心。
右手に箸。左手には茶碗。
ご飯の上に載せて3秒以内にかき込むそうです。
話しかけたので10秒以上かかってしまったので怒られました。m(__)m

そういえば私も昔から家族で鍋をやるとご飯を3,4杯おかわり君でした。
タレあるなしにかかわらず、一旦ご飯の上に載せるのでご飯に汁が染みて食べてしまうのですね。
あるある。太るけど


『じゃんじゃんらあめん』
住所 群馬県前橋市千代田町3-6-12
TEL 027-233-0052
営業時間:昼(平日)11:30~15:00
      夜18:00~翌3:00
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-27 11:11 | お店 | Comments(1)
まちなかランチ
先日前橋まつりの内々の打ち上げ会で『ほんこん』さんにお邪魔しまして。
ご主人に改めて取材のお願いをしておきまして。早く行かなきゃと思っておりまして。
もちろんメニューの500円ランチはチェック済み。
「黒豚チャーハンランチ」狙いでお店に突撃…
e0187286_18571082.jpg
「支度中」
現在はランチやってないみたいですね。
その分定休日が無くなっています。
お隣の『Bar Colorful』に合わせたのでしょうか。

散歩ついでに立川町を歩いてみました。お昼時。
e0187286_18582531.jpg『大川屋』さん。
ここは紹介しとかないといけない名店。前橋を代表するお蕎麦屋さんです。
近すぎて出前ばかりなので、今度は一品料理でもつまみながら行ってみます。

e0187286_1925322.jpg
『じゃんじゃんラーメン』もランチやってます。
プラス50円でミニカレーかミニ牛丼付きだそうです。


もちろん『弁天通り』にはランチ処が一杯。

e0187286_1973786.jpg洋食の『ポンチ』さん
若マスターが月替わりオリジナルカレーを作っています。伝統のポンチのカレーをさらに発展。
e0187286_1955131.jpg さ寒い時期はカキの季節。「カキフライ」が始まったようです。

『上州茶屋 薔薇』はランチが充実。
もともと甘味喫茶として有名なお店。
ドリップしたコーヒー。自慢のコーヒーゼリーと合わせて。

e0187286_19105126.jpgたまにはリッチに『北爪』のうな重。
こだわりの備長炭で焼く鰻の風味は格別。マスターの炭火の加減に抜かりはありません。

e0187286_19121722.jpg町の中華屋『京華』さん。 
各種ラーメンセット。すべて手作りの懐かしい味です。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-10-26 19:14 | 前橋 | Comments(1)