ブログトップ
タグ:あたご歴史資料館 ( 4 ) タグの人気記事
先週のいろいろ

あたご歴史資料館に
住吉町商店街の七夕飾りの写真が
e0187286_08174254.jpg
懐かしい
子供の頃、昭和の時代を感じさせます。


中央通り3店舗の解体工事
e0187286_08174307.jpg
この地域は私が生まれる前の昭和3,40年代の建物
今の基準だと建てられないような物件が多いようです。



肉のチャンピオン跡
e0187286_08174257.jpg
最近経済的理由でなく家庭的な理由で閉店するお店が多く寂しい限りです。




立川町通りに月
e0187286_08174362.jpg


中央通りの理事会にお邪魔して
前橋めぶくフェスの御礼とご協力のお願い
懇親会はすき焼屋さん
e0187286_08174375.jpg
6月の時に商店街のお店(SNSの書き込みがあるものの連絡が取れないので加盟を外れるのかもしれませんが)による悪質なデマに対する対処をお願いする。
e0187286_0823522.jpg


花火大会にお友達のお店が出店していたのでご挨拶に
出かけた時にはすでに売り切れ続出
e0187286_08174356.jpg


迎え盆
ほんとうに沢山の方々がお参りに
e0187286_08273806.jpg














[PR]
by shunkou_hasuike | 2017-08-15 08:13 | 前橋まちなか | Comments(0)
「あたご歴史資料館」 自治会の学芸員の方が説明してくださいます。
久しぶりに あたご歴史資料館へ
e0187286_17023587.jpg

愛宕神社
社務所、自治会館の裏手
旧母子福祉センターの建物を活用して
住吉町二丁目の自治会のみなさんが運営しています。
火・木・土の 13時から15時まで開館しております。
e0187286_17040651.jpg
 

防空壕を再現
e0187286_17011315.jpg
建物の基礎の問題で地面を深く掘れなかったそうで
実際には3分の2ぐらいは地中に入っていくのだそうですが
一時的な爆風は防げても、火災等の二次災害には耐えられないように思えます。
e0187286_17011305.jpg


空襲の写真
e0187286_17043338.jpg
e0187286_17043340.jpg
焼夷弾の頭部は10年ほど前に広瀬川の底で見つかったものだとか
e0187286_17043236.jpg

昭和20年8月15日 特報
e0187286_17043256.jpg

前橋空襲の経過
e0187286_17043229.jpg
米軍が空爆の可能性があると10数か所の都市に事前にビラを撒く
理由は軍事施設があるから 
とのことですが

先日の一斉慰霊の際に学芸員さんの講和をバタバタしている中聞きかじったところによると
昭和15年の国勢調査による都市の中から
大都市と原爆を落とす可能性のある都市を除いて
軍事施設があることや空爆の効果が見込める場所を選定したという話


作戦指令所をみると
軍事工場ではなく、市街地、桑町を中心に焼夷弾を落とし、
まちごと焦土とする作戦であり
e0187286_17023601.jpg
さらには殺傷兵器(現在のクラスター爆弾のような)を落とした
日本でも数少ない都市だったとの記録があるとのこと
比刀根橋の写真が爆弾の威力、空爆の悲惨さを物語る


赤紙 千人針
e0187286_17043119.jpg
飯盒 水筒
e0187286_17023691.jpg

従軍看護婦の制服
e0187286_17023539.jpg





[PR]
by shunkou_hasuike | 2017-08-11 08:00 | 前橋 | Comments(0)
「あたご歴史資料館」防空壕を復元して展示しています。
まえばし・戦争を考える展
~前橋空襲と復興~

にあたり

【あたご歴史資料館】 では 入口の
防空壕を復元して、公開しています。
e0187286_12084761.jpg

7月19日(土)~8月16日(土)火・木・土 13:00~15:00
常設展示及び防空壕(復元)体験
e0187286_12084673.jpg

庭などを掘って半地下にした、5人程度が入れる家庭用の防空壕で
木製の基礎に外側をモルタルで塗り固め、木製の扉を付けてあります。
e0187286_12101694.jpg
もっと深く掘って、半分くらい埋めたかったそうですが
建物の基礎のコンクリートが出てきてこれ以上掘れないためこうなったそうです。
これは家庭用の簡単なモノで、当時は家の敷地を掘って作ったりしたそうです。
e0187286_13440921.jpg
防空壕
空襲の時の話は何度も聞いたことがあるのですが
復元されたものとはいえ実際に現物を見ると心に響くものがあります。
言葉だけでは、もっと頑丈なシェルターみたいなものを想像してしまいますが
このようなものでは
多少の衝撃を逃れることは出来ても、特に火災にはとても耐えられるように思えません。



中に入ってみると
蒸し暑いです。

e0187286_14241176.jpge0187286_14241110.jpg
ドアを閉めてみます。
e0187286_14253190.jpg

復元したものなので 隙間がありますが、
e0187286_14253105.jpg
当時のものはしっかりした鉄の扉がついていたんだよ、と話されていました。


空襲警報が鳴ると入って
解除されると出て
「でも空襲のときはさ、危ないから避難しろと言われて山の方に行ってたんだ」

焼夷弾が落とされる前に何回も飛行機が来ていたそうで
空襲警報が鳴って避難するということが何度も
指令書通りに爆弾を落とすための偵察だったのか




常設展示は 以前よりも戦後の生活に焦点を当てているようにも見えます。
殺虫剤やハエ取りなど

e0187286_14281755.jpge0187286_14281709.jpg

戦時中の資料や
e0187286_14324774.jpg
焼夷弾の残骸や
e0187286_14330276.jpg

アメリカの図書館からコピーした。
前橋空襲の米軍指令書なども展示されています。
e0187286_14333559.jpg
時節柄、沢山の方々が訪れ
自治会の有志の方々の説明に耳を傾けていました。
e0187286_14342452.jpg

あたご歴史資料館
 開館は、火、木、土曜日の午後1時から3時まで
資料館の管理や説明は自治会の関係者の方々が行って、説明をしてくださいます。


[PR]
by shunkou_hasuike | 2014-07-29 07:05 | 前橋まちなか | Comments(0)
まえばし・戦争を考える展 ~前橋空襲と復興~
まえばし・戦争を考える展
~前橋空襲と復興~


来年の前橋空襲及び戦後70年を前に、企画展や各種行事を行う。
広瀬川を挟んだ文学館―厩橋―前橋空襲慰霊碑―あたご資料館を結ぶ一帯を「戦争・平和ゾーン」として整備し、
戦争や前橋空襲を語り伝える平和事業・教育の本市独自のあり方を確立する。


7月19日(土)~8月19日(火)
e0187286_10281090.jpg

【市役所1階ロビー】
7月22日(火)~8月19日(火)
前橋空襲と復興に関するパネル展

7月19日(土)~8月19日(火)
1)戦争画展示
~郷土の従軍画家が描いた戦時下の情景~
○海軍従軍画家 住谷磐根  田中稲三 の描いた戦争画の展示

2)資料展示
○ぐんまマチダ戦争と平和資料館戦争関連資料

【きりえで伝える平和への願い】
きりえ作家 飯塚照江さんが描く戦争を忘れない展
【きりえで描く私の戦争体験】

3)映像コーナー
① NHK 制作「灰になった街」制作過程の映像 DVD
② フジテレビ制作 DVD

【あたご資料館】
7月19日(土)~8月16日(土)火・木・土 13:00~15:00
常設展示及び防空壕(復元)体験

7月23日(水)~8月17日(日)月曜休館
写真パネル展示、戦争に関する本の展示及び貸し出し、小見辰夫氏の前橋空襲震災スケッチ(複製)展示ほか

e0187286_10281096.jpg
【関連行事】
・【前橋大空襲慰霊祭】
 比刀根橋西側8月5日(火)9:00~9:30
 その後、供養すいとん「初代佐渡ヶ嶽ちゃんこ」を弁天通り大蓮寺にて提供

・手島仁歴史文化遺産活用室長による講演会(前橋文学館)
「住谷磐根と戦争画」8月3日(日)14:00~15:30

・前橋学生まち映画「スーブニール」放映
 シネマまえばし
 前橋文学館ホール 8月16日(土)11:00~12:30/14:00~15:30

[PR]
by shunkou_hasuike | 2014-07-28 07:27 | 前橋 | Comments(0)