ブログトップ
タグ:弁天通商店街 ( 51 ) タグの人気記事
まちなか発掘隊が行く!『セキネ洋傘店』 弁天通り 編
e0187286_9544637.jpgセキネ洋傘店

弁天通りの老舗のお店。


e0187286_9555130.jpgこちらのお宝は
手縫いのミシンでーす。



んー。これはね。けっこういろいろなところで紹介しているので、以前にも骨董品として売ってくれと言われ。もちろん断りました。冗談じゃないと。現役なんですもの。

ただそれだけに。今だけミシンだけ紹介してもなあ、と。
やっぱりこう、実際にオリジナルの傘を作る処が一目見て分かるくらいのインパクトが欲しいところ。


e0187286_1045081.jpg丁度、今作っていた日傘がありました。
ご自分でお気に入りの布をお持ちよりいただいて
この上品な紫色に、この柄を活かして
傘型に布を縫い合わせるのです。


e0187286_1055477.jpgそして傘を作るのに重要なのが、この形
こちらも現在制作して出来上がり直前のオリジナル傘
この丸みを帯びたカーブを作りだすのが職人技。
傘が開くと生地が引っ張られ、閉じると緩むので
布を縫い合わせる時に適度な遊びが必要

この手縫いのミシンには下糸がありません。
鎖縫いという手縫いの技法で縫い合わせるため、細かくしっかり縫いながらも弾力がある仕上がりになります。


e0187286_1065412.jpgセキネ洋傘店は1904年。明治37年創業以来。洋傘専門店1本。
今の健一さんで4代目です。
傘専門店なので傘を売るだけでなく、修理も行います。
ほんのひと昔前までは修理の方で忙しかったのですが、時代の変遷で傘を直すことが少なくなってきました。

お好きな生地を持ち寄って1からオリジナルの傘を作るのは、現ご主人が元祖。
もちろん修理は創業時からしておりますが、その技法を応用して職人技で世の中に一つしかない傘を作り上げます。

先ほど縫っていた日傘がほぼ仕上がりました。
e0187286_1074221.jpge0187286_1074810.jpg
みなさんも記念に思い出に世界に一つだけの傘はいかがでしょうか

セキネ洋傘店
住 所 / 前橋市千代田町3-3-25
電 話 / 027-231-6094
営業時間/ 9:30~18:30
定 休 日/ 水曜日
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-08-07 10:10 | 前橋まちなか博物館 | Comments(0)
まちなか発掘隊 『金時金物店』 弁天通り 編
e0187286_15223951.jpgまちなか発掘隊が行く 

『キントキ金物店』


e0187286_1523843.jpgこちらのお店のお宝は

前橋市 昭和二十八年度納税功労者表彰記念


e0187286_15234258.jpg5玉のソロバンです。


ソロバン自体はまだまだ珍しいわけでもないのでしょうが
なんといっても、未だに現役。おかみさんが計算で使っているという。
60年間現役を続けるそろばんなのです。


創業何年かというと
「んー」
と唸ってしまうのですが
昭和20年空襲があった後から、何もない焼け野原のなかで、おじいさんがトタンを建てて復興して
雑貨屋といえば聞こえがいい話。とにかくモノが何もなく、何でもいいから何か仕入れてきたら何でも売れたという時代。
そのころは足利の方から歩いて仕入れをしてきたそうで。
それが、自転車になり、馬車になり、木炭の自動車が走り
戦後の復興と共にお店がありました。

戦前は駅の南の方で食堂をやって、天皇陛下がいらっしゃる時に道路を広げたのを機にこちらに移ってきたとのことです。
その関係もあって一斗缶で塩を埋めておいたらしく
戦後は塩汁を出して売っていたとか。

e0187286_15253237.jpg終戦時はマッチア教会の幼稚園に通っていて、物ごころがついたところですが、
その当時の緊迫感はヒシヒシと伝わってきたそうです。
何もない時代で
小麦の粒を噛んでガムの様にしたり
食べた梅干しを竹の皮に包んで吸ったりするのがおやつ代わり。
サーチライトを見ると、お昼の消防署のサイレンを聞くと、戦争の警報を思い出してしまう
豊かな飽食の時代になり、バラエティ番組で食べ物を粗末にするのを見てやるせない気持になったそうです。

戦後はおじいさんが仕事と共に神田運送の出張所をしていました。
このお店は今でも続いています。

今の建物は50年前に戦後復興の県の助成を受けて建てた初めての建物だそうで
とにかく鉄筋で頑丈に作っていて、未だに雨漏り一つしません。
e0187286_15271953.jpge0187286_15272735.jpg

アルミがないので鉄のサッシ。お風呂がないどころか、水洗トイレが珍しい時代だそうです。
この建物自体が戦後復興の歴史を物語っている気がします。

名前のキントキは
おじいさんの名前 金助と 使用人の時蔵さんの名前から取ったそうです。

金時金物店

前橋市千代田町3-3-25
電話027-231-9359
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日

[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-08-06 15:33 | 前橋まちなか博物館 | Comments(1)
発掘隊が行く!弁天通り  『小林衣料店』
『まちなか博物館』 発掘隊が行く

e0187286_18434999.jpg小林衣料店




「この前来てもらったんだけど、お店のものは古いもの何もないのよ」
とおかみさん。
「私がここに来た時に使っていたお釜や、お母さんから頂いた家紋入りの漆器があったから出して来たけど見てみる」


e0187286_18452159.jpgはい。頂きましたー。

お・か・ま


e0187286_18451424.jpg話を聞いてみますと、ご自分で使ったことはないとのこと
お嫁に来たのが昭和44年ですから、40年ほど前
私が生まれた頃
私が見たことないようなものは使っていないですよね・・・



「小林」の家紋入りの漆器。

e0187286_18501221.jpge0187286_18501869.jpg
お父さんお母さんから頂いたものですが、大事なものだし、閉まったままで使ったことがない。
ん、お店というより昭和の家族の伝統の香りがします。

e0187286_18505767.jpge0187286_185138.jpg



小林衣料店の歴史は?
「んー、よく分からないのよね・・・」
といいつつも
「有限会社になったのは昭和27年 小林衣料店 ですよ」

おお、創業60周年じゃないですか。

還暦ですね。おめでとうございます。

という、まちの衣料店でした。

e0187286_18523757.jpg小林衣料店

住 所 / 前橋市千代田町3-5-2
電 話 / 027-231-6802
営業時間/ 9:00~18:00
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-31 18:56 | 前橋まちなか博物館 | Comments(0)
今度の『弁天手芸店』のディスプレーは 瑞々しく
e0187286_13471492.jpg『弁天手芸店』のディスプレーが変りました。

可愛らしい女性のスッキリとした洋服です。


制作・展示 『前橋文化服装専門学校』でお送りします。

e0187286_13482451.jpge0187286_13493111.jpg今回は4月に入学した1年生の作品です。
学校に入学して初めての作品といっていい感じでしょう。
e0187286_13483785.jpge0187286_13493799.jpg若々しい
 瑞々しい
  ケガレを知らない

大きく育ってほしいものです。
   





提供は『弁天手芸店』
企画制作は『前橋文化服装専門学校』でした。




『弁天手芸店』
住所:前橋市千代田町3丁目9-1
弁天通り『ya-man'z』お隣 『わがじゃん』向かい
電話:027-233-2180
営業時間:9:30-17:00
定休日:水曜日


弁天手芸店 @ しゅんこう散歩【Googleマップ】
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-30 13:59 | Comments(0)
まちなか発掘隊 弁天通り マメゼン
「まちなか博物館構想」 発掘隊
e0187286_2330686.jpg今日は弁天通りの理事長さんのお店
『マメゼン』


e0187286_23305476.jpg戦後頃かな
と正確にはわからなそうな

「立川町青年倶楽部」の旗


そして昭和の千社札やお祭りデザイン
e0187286_23322576.jpge0187286_23323322.jpg



その他個人的な付き合いで頂いた貴重な品も見せていただいたりしました。


『マメゼン』
住所 前橋市千代田町3-9-7
電話 027-231-6751
営業時間 8:30~18:00
定休日水曜日

なのですが

「マメゼン」ってどんな意味か知ってますか?
理事長さんの 岸篤美 さんは岸姓を名乗ってから5代目
2代目の善八 さんが 豆屋 を始めて
豆屋の善八 で 『マメゼン』 なのだそうです。
豆屋といっても、煮豆屋さんで、福豆の煮物を若集に提供していたのだとか

弁天通に来たのは戦中頃のようですが赤堀に疎開して戦後に戻ってきたそうです。
戦中に、こぎれ(古布)屋さんをはじめて、和洋の着物屋
現在のお祭り用品、デザインを始めたのは40年ほど前で、
篤美さんが元祖さんなんです。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-29 23:34 | 前橋まちなか博物館 | Comments(0)
第60回前橋七夕まつり飾りコンクール。 弁天通りは?
弁天通に出ると

e0187286_152636.jpg山門前で記念撮影をしている人達
大蓮寺の山門は立派だからねえ
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

というわけではなく

山門の(掲示板)前の七夕飾り
「やすらぎ園デイサービスセンター」さんが 知事賞を受賞。
e0187286_15265548.jpg
なんとも目立つのは
この黄門さまの前で
お昼寝している、わけではなく
助さんに斬られたわけではなく
「ハ、ハハー」とひれ伏している民。

それとやはり受賞の要因は飾られた場所でしょう
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン


さて弁天通りのお飾りですが

『カネコガーデンショップ』 「会頭賞」受賞。
e0187286_15281069.jpg
e0187286_15283643.jpgぐんまちゃんの風神雷神
豪華な七夕飾り


e0187286_13161274.jpgグランヴィル前橋
 東京新聞賞
e0187286_15304132.jpg弁天村

e0187286_15314328.jpg橋本洋品店
 朝日新聞社賞


e0187286_15325386.jpgそして何度か紹介している
『Ya-man's』

 市議会議長賞



e0187286_1534402.jpgセキネ洋傘店
 NHK前橋放送局長賞


e0187286_15381976.jpg弁天手芸店
 優秀賞


e0187286_15383999.jpgだがしわがじゃん

千代田町3丁目青年会 団体 エフエム群馬賞
e0187286_1540932.jpg
しゅんこうの手形を探してね♪


e0187286_1541161.jpg大門商店
e0187286_1543177.jpgマメゼン商店
 産経新聞社賞



e0187286_1544690.jpg福寿園

e0187286_1546476.jpg 田口商店


そして弁天通り以外では

e0187286_15472610.jpg 立川町の大川屋本店
 優秀賞


ブログでも以前紹介しておいた
立川町のトザキ 知事賞
e0187286_15485999.jpg



e0187286_15492388.jpgこちらも紹介した『まゆの会』さん
知事賞常連なのですが惜しくも
 団体 市長賞でした。

[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-09 15:54 | Comments(0)
弁天通りの街灯のお掃除をしました。
パトロールに自転車で行ったら
雨に降られ
ついには後輪がパンクして
散々に帰って来ると

e0187286_2141356.jpg弁天通りで何かしています。


e0187286_21424393.jpg台の上で


何やら楽しいことをしている2人の男
e0187286_21414986.jpg




e0187286_21432546.jpg七夕前にアーケードの街路灯の掃除をしていたのでした。

e0187286_2144192.jpg拭く男

カフェマスター


e0187286_21443879.jpg拭く男

ラッシャーわがじゃん

2人の福男
e0187286_21454586.jpg

ぼくら洗う男たち


e0187286_21462531.jpg押す♂

神輿の上の♂



e0187286_21465284.jpg夕立ちの土砂降りの雨が吹き込む
北側入り口。


e0187286_21471384.jpg終了
おつかれ


あとは七夕飾りを待つばかり。
楽しみにしましょう。

[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-06-29 21:50 | 弁天通り | Comments(0)
『レストラン ポンチ』創業90年感謝サービス 第2弾 日替りカレーもあります。
e0187286_16301218.jpg弁天通り北の端『レストラン ポンチ』です。
只今昼休み中。
夜に備えてます。
といいながらも夜営業は4時半から。
ゴールデンウイーク。気候もいいので広瀬川を散歩して、お腹がすいたらポンチのカレーはいかがでしょう。

e0187286_16312976.jpg前橋名物ポンチのレトロな昭和の洋食屋カレーだけでなく
いろいろお勧め
ショーウインドーをご覧くださいね。


ん?右上にチラシ貼ってがあります。気になりますね。
拡大。拡大。
e0187286_16321484.jpg

創業90年感謝サービス第2弾のお知らせです。

創業90年感謝サービス。4月で終了しましたが。
大好評につき第2弾となりました。

カレーソース(2人前) 790円が  550円
ソースカツ丼      730円が  550円

は第1弾と同じですが

さらに今回は

カツ丼         730円が  550円 
そういえばノーマルなカツ丼 食べたことありません。
洋食屋のカツ丼? ウスターソースでなければ何なのかな?
写真を見ても卵とじでなさそうなので
しょうゆ味なのでしょうか。 答えは明日  は予定があるので明後日。

そして非常に気になる
日替りカレーライス          550円
※日によって内容は変わります。
カツやコロッケなどのトッピングがつくのか
それとも以前の限定カレー 焼きカレーやタイ風カレーのようなオリジナルが出るのか
楽しみに待ちましょう。

創業90年感謝サービスは
毎週月曜日と火曜日。
16時半から売り切れまで。
お持ち帰りのみです。
売り切れ御免。
よろしくお願いします。


『レストラン ポンチ』
営業:11:30~14:30/16:30~19:30
定休:木曜日
電話:027-231-2333
住所:前橋市千代田町三丁目3-18
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-05-02 16:40 | Comments(0)
茨城へ行ってきました。 またテレビに出てたみたいな(汗
e0187286_22273514.jpg本日は所用で茨城の父親の実家へ
取手市は茨城の南端になるのですが
桜はこちらと変わらないくらいですね。
ところどころ咲いているところもあります。

e0187286_2228756.jpge0187286_22281360.jpg

さて、ご挨拶をすると伯母さんが
「テレビ出ていたでしょ」
ああ、シネマまえばしのことだなあ
月に一回研修会で茨城に来るのですが、今年はいろいろあってまだ来られてなかったので
あの時は初場所の相撲があった後の首都圏ネットワークなので観た人が多かったんですね。
「違う違う。前橋で料理のコンテストがどうのこうの」
あ、T-1グランプリだ。ツナガリズム祭り
e0187286_2334072.jpgまえばし入口 楽 さんの
麦豚なんばんを買おうと並んでいて、目の前で焼いている時に
NHKのカメラマンが映像を撮ってました。
実は写真にも写っていますカメラマン。

この人。初対面でなく。首都圏ネットワークでインタビューを受けた時に撮影していた方なんです。
ここは挨拶しておかなきゃなあ、と
「どうも、こんにちは」
と挨拶しましたしゅんこうです。
「はあ、どうも」はにかんでます。
他人行儀に。
いかにも野次馬に挨拶されたと思われている体です。

まあ、一度たまたまインタビューした人間なんて覚えてないよなあ。A^_^;)
でも
一度じゃないんだけどなあ。
「Ya-man's」を町でカフェを開く若者として取り上げた時
一緒に「セキネ洋傘店」「マメゼン」さんに取材してテレビに出たんだけどなあ。
弁天通青年会長として。
やはり如何ともし難い存在の薄さが (×_×;)
単にブログで騒いでいる生意気な人間と思われないように。
やるべきことはやらないといけませんね。
来年度の課題としておきます。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-03-31 22:33 | 弁天通青年会 | Comments(0)
レストランポンチ 創業90年感謝サービス の ソースカツ丼を食す
e0187286_17352797.jpg火曜日の夜です。

レストランポンチの90周年感謝セールです。


早速に

e0187286_17355289.jpg伝統のカレーライス
洋食屋のソースカツ丼を買ってまいりました。(--)>>

この前来た時ですね。
お客さんが、丼からはみでるカツ丼のトンカツを見て
食べたかったのです。

注文すると
時間がかかるかもしれませんがよろしいですか?
ハイ。
そこまで断らなくていいのにと思いながら
実は先客の女性が
カレー6つとカツ丼3つを頼んだからだと判明。

もちろんその女性は
「しゅんこう日記を見てきました」
と言った事実は一切ありません。

気になったのは駐車場サービスはないかとしきりに聞いていた点。
駐車券を見せてました。
やはり
近い所に提携できる駐車場は欲しいですけどね…('';)ウーン

さて家に持って帰ってきました。
夕飯にはまだ早いのですが
とりあえず。初めてのソースカツ丼おば
e0187286_17385972.jpg
容器に入れるとこんな感じです。

平べったいソースカツが3枚

真っ当な衣とソースの香りが鼻腔をくすぐり食欲を沸き立たせます。

いただきます。(^人^)

おお!\(◎o◎)/!
これは!!
文字通りソースカツ丼です。


e0187286_17402427.jpgなつかし洋食屋のウスターソースの味そのまんまです。
カツ丼です。

やわらかトンカツにソースの沁み込んだ衣が
何とも昭和ノスタルジーを醸し出します。

私的なことですが
うまい棒の中で一番好きな味は
〝とんかつソース味〟のしゅんこうにとって
ストレートど真ん中の味です。
ん(・・?)
とんかつソースとウスターソースは味が違うだろうって?
だってトンカツ屋じゃないもーん


昔懐かしの洋食屋の味
改めまして
e0187286_1039795.jpg創業90年 レストランポンチ
感謝サービス第一弾


毎週月・火の夜の部 16:30より
お持ち帰りメニューで


カレーライス     680円が 550円
カレーソース(2人前)790円が 550円
ソースカツ丼     730円が 550円



来月まで開催中。
是非ご賞味を!


e0187286_1743298.jpg『レストラン ポンチ』
営業:11:30~14:30/16:30~19:30
定休:木曜日
電話:027-231-2333
住所:前橋市千代田町三丁目3-18
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-03-23 17:47 | 弁天通り | Comments(0)