ブログトップ
タグ:遠征 ( 20 ) タグの人気記事
東京へ行ってきました。
仕事で東京へ行ってきました。

気がついたら電車のホームに白い浴衣を着て、太っていて、髷を結っている方がいてビックリ。

なんだと思ったら、こんな場所だからだね。
e0187286_1964583.jpg

普通にコンビニに自転車で買い物に来てました。お相撲さん。



ホテルのエレベータがオシャレでした。
e0187286_197624.jpg

ちょっと古めですが、システムは充実してました。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2011-09-07 19:08 | Comments(0)
 つかの間の おきなわ  
e0187286_1032747.jpg


e0187286_10323126.jpgマンゴーかき氷


e0187286_10324839.jpg水族館


e0187286_1033490.jpg水槽掃除の人


e0187286_10332420.jpg美ら海


e0187286_1033434.jpg首里城


e0187286_10335752.jpg当時の石垣
[PR]
by shunkou_hasuike | 2011-09-01 10:37 | Comments(2)
親戚のお寺のお手伝い
e0187286_23564888.jpg親戚のお寺のお手伝い
茨城へ。

塔婆書き100本と意気込んで行ってまいりました。

用意されていたのが68本だったので

なんとか書き終えました。



三芳のSAで
e0187286_2358363.jpgPasar三芳『von Heim Kitchen』
カイザードッグ

季節のソーセージは枝豆でした。

なかなか風味が良かったです。


途中でデジカメの電池が切れてしまいました・・・

夕食は従兄家族と一緒に
中学生男子2人にに大変かわいがってもらいました。(ノ_・。)

それでも明日は頑張ります(^o^)丿
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-08-03 00:00 | Comments(3)
ぶらり浅草のたび
浅草に行こうとなんとなく。

e0187286_2054622.jpg浅草橋で乗り換えて
2分

2分くらいなら歩こうかと思って降りたら


e0187286_2054494.jpg浅草寺まで1850m


もちのろん歩きました。



e0187286_20583416.jpgまあ
何の変哲もなく都会のビルが並ぶのですが


玩具問屋がたくさん
e0187286_2101711.jpge0187286_2102345.jpge0187286_2103276.jpg
たくさん。
そして買い付けに来る人もたくさん

雷門までは大した人通りもなく。ほんとに。
e0187286_212764.jpgいきなりの人だかり
そしていきなり人力車のあんちゃんに声かけられて
男一人だとカモに思われるの?


e0187286_213342.jpg雷門


e0187286_21827.jpg 仲店


e0187286_2135494.jpg浅草寺 本堂修復工事中

をまさかのスルー
突っ切って

人通りのない裏手に行って


e0187286_217199.jpg徳太楼できんつばを買う私。


e0187286_2162720.jpgこれが絶品。


観光客が全くいない裏側ですが
こちらには歴史のあるお店が沢山あります。

たまたまお店に宣伝のチラシが貼ってあって
東京で一番古いおにぎり屋さんが近くにあるということで
これは行ってみよう。

e0187286_219345.jpgおにぎり 浅草 宿六 さん



e0187286_2110438.jpg意外や若い旦那さんが1人で切り盛り
聞いてみると3代目だそう。
店内はお寿司屋さんのようなケースに
おにぎりの具が


e0187286_21103294.jpgメニューがありますが
昼はおにぎりセットで
好きなおにぎりを選んで味噌汁と沢庵
ここは迷わず。
お・ま・か・せ


e0187286_21114232.jpg味噌汁に


e0187286_21122164.jpgおにぎり ざるの上にのせられて

e0187286_21125056.jpg
出てきたのが生姜の味噌漬け
ご飯うまー
米が一粒一粒立っています。海苔もうま

浅草には漬物・佃煮の老舗のお店がならびますものね



e0187286_211387.jpg2つ目は

うまー
甘い風味抜群。
まるごとの梅干しは苦手なのですが。
ちょっとこれは病みつきになる味

e0187286_21132722.jpgおかわりの3つ目
昆布
はい、しっかりした昆布です。
高級デパートの地下でお土産で売っている感じ
といったら
ふつうにビニール袋にドサって入ってますから幻滅しますよ
とご主人
まあ、味は負けないですけど

と、浅草の粋を堪能したのでした。

せっかくだから、あみ食べればよかったかな?

[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-07-16 21:19 | Comments(0)
三芳のサービスエリアでホットドッグを頬張る件
e0187286_10553713.jpg昨日は茨城で法式の研修会
浄円寺さんにお邪魔しました。


e0187286_10564997.jpg途中 関越道の三芳のサービスエリアに
PasaR三芳
最近は高速も綺麗になって
ただこの前増上寺に行った時は朝7時にはほとんどお店が開いてなくて残念だったので
今日は何か買っておこうかなと思います。


e0187286_1058851.jpgこの看板が目に付いたので
こちらで
Pasar三芳
『von Heim Kitchen(フォンハイムキッチン)』

こちらでは店内のガラスの向こうで実際にソーセージを作っています。
うーん。見せますね。

お店の名前の
「von Heim ドッグ」を頂きました。
e0187286_1111367.jpg
出来たて、焼きたてです。
皮がプチンとはじけて
肉汁が「ジュッ」と出てきます。
フレッシュなケチャップ系ソースは、野菜とピクルスたっぷりで
なかなかやるなという感じ。
何よりもソーセージがウマいぞ、という食べさせ方が好感が持てます。


『von Heim Kitchen(フォンハイムキッチン)』
郵便番号 /354-0045
住 所  / 埼玉県入間郡三芳町大字上富2204
      関越自動車道三芳PA(上り線)内Pasar三芳
電 話  /049-274-3078
営業時間 /9:00 ~ 21:00 


最近の高速道路にも民間業者が参入して便利で楽しくなってますね。
まちなか商店を応援する立場としては、モール化するの寂しい気がするのですが
ニーズに合ったものを提供することは重要。車でお出かけする人達が集まる場ですから。
まちなかのニーズはね
イベントでお客さんを呼ぶことも大事なんですけど
そこに住み働く人の日々の営みあってこそだと思うのです。

商売人でない私は、地道に根を生やして頑張る人を応援して協力したいわけですね。
でも流行っているところから学ぶべきところは沢山ある気がするー。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-04-29 11:12 | Comments(0)
人形町で 美味しいリッチなハンバーガーを
e0187286_2329738.jpgハンバーガー好きな後輩と
人形町まで行ってきました。
BROZERS' (ブラザーズ)


ん。これは
今まで食べた中で一番かもしれませんね。
非常にバランスがいい。

e0187286_23303375.jpgチーズバーガーを頼みました。
  後輩はアボカドバーガー
プレートにポテトとオニオンリング
付け合わせにピクルスが付いています。


e0187286_23323379.jpg 縦長タワー型
チーズがとろーっと



e0187286_23371048.jpg「 袋で包んで食べてください。」だそうですので
かぶりついて下さい。ということだと受け取りました。
崩さないように気をつけて
ガブっ


見た目以上に
シンプルな感じがします。
ハンバーガーはジャンクと決めつけてはいけませんね。

何より肉の味が際立ってます。
美味しい。
バンズは美味しいのです軽くサクッとすんなり。
野菜はトマト、タマネギ、レタス。
それそのものが普通に美味しいです。
バーベキューソースもそれほどくどくなく。
素材が活かされている感じがしました。

BROZERS' (ブラザーズ)

TEL /03-3639-5201

住所 /東京都中央区日本橋人形町2-28-5

営業時間 /[月~土]11:00~22:00(L.O.21:30)
      [日・祝]11:00~20:00(L.O.19:30)

定休日 / 不定休
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-04-05 23:41 | Comments(0)
昨晩は仙台で1950年創業の元祖ハンバーガーを
さて大別時念仏会が終わって
新幹線で帰る方を駅まで送って
帰る前に何か夕食をとなったのですが

ここは昔住んでいたことのある私めがご案内
出来ればいいのですが、当時貧乏学生だった私には皆さんに自信をもって紹介できる店はなく
いつも行ってたラーメン屋は閉店。
私がコーヒー好きになった自家焙煎のお店は5時で終わり。

で一度行ってみたかったこんなお店にと提案したところ
快く受け入れていただいて行った先は

e0187286_165965.jpgこちら
ほそやのサンド

仙台では有名な店でいろいろと紹介されるわけです。
日本のハンバーガーの元祖として

当時からすごく気になっていたのですが
人見知りのしゅんこうはこういったレトロなお店よりもドトールなんかに入ってしまうような愛国心のない人間でした。当時。

さてお店に入ってみると
いかにもレトロな
昭和の香りのするお店でした。
e0187286_1681886.jpg1950年開店でハンバーガーを作り続けて60年
御年83歳のオーナーは今も元気にパティを焼いていました。
非常にお元気そうで肌ツヤが良く
長生きの秘訣は牛肉100%のパティといった感じ!?



私はチーズバーガーフレンチポテトをオーダー

ポテトが先に出てきました。
こんな感じです。
e0187286_16101170.jpg
ん。これは。
イモだ。
なんでしょう。ほんのり塩味で、ケチャップだけ。
で、揚げたてでもちょっとしおれ気味なのですが
もう手作り感たっぷりで、シンプルにウマイのです。


待望のハンバーガーとご対面。
e0187286_16123785.jpge0187286_16124924.jpg

中身はこの通り。
なんとも変哲もなくパティーとチーズといった趣き

いただきます。
(^人^)

うまーい。
なんでしょう。普通にウマイというか、素敵な味です。

もう。パンと牛肉とケチャップの味がするという。
パンはパンの味で
ハンバーグが変哲もない牛肉の軽い味だし。
味付けはもろケチャップだし。いや味付けはしてありますけどね
本当にそれだけで。なんとも美味しい。
e0187286_16194023.jpg
昔懐かしい昭和ノスタルジーな

裏に ほそや 1950 と刻印


最後になって挨拶をしておきました。
「美味しかったです。以前仙台に住んでいたときから気になっていたのですが、伺えずに。お店の雰囲気通りの素敵なロマン溢れる味で」
「ありがとうございます。お金がないので直せなくて」


仙台の街のど真ん中一番町と国分町通りの間の虎屋横丁にあって
お店の中はどこか弁天通りと同じ匂いがして
オーナーが元気なうちにまた来なきゃと思う



ほそやのサンド

住 所 /宮城県仙台市青葉区国分町2-10-7 大内ビル 1F
電 話 /022-223-9228
営業時間/11:30~22:00(日曜、祝日は~20:00)
定休日 /無休
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-03-27 16:24 | お店 | Comments(1)
京都のお土産といえば   
京都のお土産といえばまず頭に浮かぶのが
「阿闍梨餅」
父親が良く買ってきてくれるからなのですが
駅でも普通に売っている有名な商品。

せっかくなので本店まで行ってきました。
阿闍梨餅本舗 満月
e0187286_18552877.jpg


浄土宗の大本山百万遍知恩寺の近くの路地裏にあります。
e0187286_18555939.jpgなかなか趣があるお店です。
向かいが本社です。


「ご試食いかがですか?」

と聞かれれば

「はい、喜んで」
と応えます。

e0187286_18572546.jpg老舗の店員さんは丁寧です。
京都弁に癒されます。

いただきます。
(^人^)

あら、まあ。
出来たての美味しいこと。
柔らかくてモチモチ。

もともとモッチリした感じと上品な餡子がたまらない半生のお菓子なのですが。
出来たての阿闍梨餅は生菓子の新鮮さと上品さがあります。

e0187286_185855100.jpgたまたま土曜日でしたので休日に本店限定のお菓子
「満月」の詰め合わせを買って来ました。



阿闍梨餅です。
e0187286_1905627.jpge0187286_191454.jpg
焼き菓子っぽい生地に見えますが、これがしっとりモチモチ。求肥に似た食感でたまりません。中身の餡子。丹波大納言の粒あんです。しっかり粒粒あんこの味がします。

あれー。お土産で良く頂くのですが、こんなに美味しかったかなあ。
1日経ったのですがやっぱり本店で買うと他とは違うのかなという気がしてしまいます。
上品なお菓子なんですね。


そして本店休日のみの限定商品
「満月」
e0187286_1935079.jpge0187286_1935796.jpg

大正時代に旧宮内省御献上の伝統そのままに
丹波産白小豆のみの生一本な上品な餡子。
生地は伝統を受け継ぐ薄く固く。阿闍梨餅とは対極。
上品なお菓子ですね。
お茶でいただきたい。

阿闍梨餅本舗 満月
阿闍梨餅
京都のお土産に是非。
本店に行ってみるとまた味わいが。
そして百さんにお参りして下さい
南無
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-02-21 19:07 | お店 | Comments(0)
京都で研修、修行でした。
昨日一昨日と京都へ。
総本山知恩院にて全国浄土宗青年会
総合研修会 そして 40周年記念大会に参加してきました。

参加者として写真を撮れる状態ではなかったので
唯一の写真がすべて終わった時の閉会式のこの写真です。
研修会から丸一日以上大変おつかれさまでした。
e0187286_134137.jpg


総合研修会では講師の先生方の鋭く厳しいご指摘に身が引き締まる思いでした。

そして40周年記念大会では
丸一日がかりでの六時礼讃会
全国から集まった青年僧と総本山の御影堂(本堂)で念仏三昧、礼拝行。
煩悩具足のしゅんこうはあまり寒さのに手足が凍り身が引き締まる思い。
その中にも多くの同行手と宗祖様の御前でお念仏をお唱えすることができまして心温まる思いでした。

また大会中に行われた40周年記念対談では
大正大学准教授の林田康順先生と評論家宮崎哲弥氏が
~これからの仏教と社会、そして浄土宗~
と題して対談を行いました。
一般の方々が御影堂一杯に溢れる中、気鋭の評論家宮崎氏からどれだけ厳しい言葉が聞かれるかと思いましたが、
自らを中観派の仏教者と自認する宮崎氏は親交のある林田先生と歩調を合わせて
仏教的観点(天の視点)から現代の生命倫理、法治国家(地の視点)の諸問題を具体的にどう生かして行くかというお話を頂きました。

民主主義を完全ではなくともベターでベストな制度として、仏の教えをどう生かしていくか。
一般の方が沢山いらっしゃる中、天の理法と地の作法を峻別する必要を説いておりました。
それは同時に宗教者として天の理法をどう現代に生かし
この底の抜けた社会の中で一切衆生が共に生きていくかが私たち世代の課題であるといえましょう。

しゅんこうは寒さの中思考能力が落ちて、空虚な頭の中に六時名号を追っておりました。ともあれみなさまおつかれさまでした。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2010-02-21 13:18 | Comments(0)
詠唱講習会@みなかみ
本日3日は弁天ワッセ。弁財天の縁日です。多くの人でにぎわい…
私は出張してました。みなさんご苦労様です。_(_^_)_
2日、3日とみなかみへ
2年に1度の群馬教区吉水講本部主催の詠唱講習会(検定)です。
吉水講とは浄土宗のお歌、詠唱和讃の会です。
群馬県内外から100名ほどが集まり詠唱の講習そして、検定試験を行いました。

開講式
e0187286_23254644.jpge0187286_23262728.jpg
みんなでおつとめ

全体講習。
e0187286_23311046.jpge0187286_23313310.jpg
蓮池光洋詠唱教導司に法然上人800年大遠忌のご和讃をご指導賜りました…
教導司は吉水講の最も偉い先生。
蓮池教導司。別名大蓮寺住職というそうです。

e0187286_23325728.jpgみんなでご和讃を
声出し練習を兼ねて立ちながら
800年大遠忌和讃(・・?) ??
なぜか童謡や子守唄を歌ってたり

各級に分かれて研修を行いました。

1級
e0187286_23342915.jpge0187286_2335897.jpg


2級e0187286_23365457.jpge0187286_23371375.jpg


3級
e0187286_23384767.jpge0187286_23385557.jpg


4級
e0187286_23424764.jpge0187286_23425525.jpg


5級
e0187286_23433834.jpge0187286_23434523.jpg


3級講司
e0187286_23454375.jpge0187286_23455211.jpg
お寺の教師や寺庭婦人の方々。


私も1級詠唱講司の研修検定を受けようと思っていたのですが。
スタッフの人数不足。さらには折からの流行病で講師の先生もお一人お休みになり
先生は各級をローテーションするので
やりくりにてんやわんや
さらにスタッフも一人風邪で途中で帰ったり

開場の設えをしたり
開講式で維那・法要の先導役をしたり
研修の講師先生の送り迎えをしたり
記録の写真を撮ったり
つまり、なんでも屋。

懇親会の景品を買いに
上越クリスタルに行ったりe0187286_2348778.jpg
e0187286_23491411.jpg

選んだり。
懇親会でキャンディーズを歌ったり踊ったり。
ミキちゃん役でした。
大先輩先生がランちゃん役。
つまり引き立て役。


二日目の午前中までみっちり研修をして
e0187286_23512456.jpg閉講式
吉水講の初級にあたる5級の合格発表と表彰。
講師先生から賞状とお袈裟が渡されました。

午後に4級以上の検定を行いました。

みなさんお疲れ様でした。

e0187286_23542742.jpgまた2年後お会いしましょう。
[PR]
by shunkou_hasuike | 2009-12-03 23:58 | 大蓮寺 | Comments(2)